宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



0008.jpg

10月スタートのテレビ朝日系ドラマ『相棒season11』(毎週水曜 後9:00)の初回スペシャルの撮影が、香港で行われていたことが30日、わかった。
同ドラマ史上初となる海外での事件に、俳優・水谷豊(60)演じる特命係・杉下右京が挑む。
また、新レギュラーとして、成宮寛貴(29)演じる新相棒“甲斐享”の恋人・笛吹悦子役で元宝塚・花組トップスターの真飛聖(35)、甲斐の父親で警察庁次長・峯秋役で石坂浩二(71)が出演することも明らかになった。

撮影が本格的に始まり、『相棒Season11』は「相棒“ニューイヤー”」と意気込む水谷。
「個人的には還暦を迎え、また“ここからスタートだ”と思っていましたし、新メンバーを迎えて、新たな『相棒』をお見せ出来ると思っているからなんです。今までも『相棒』でしたが、さらに『相棒』になると感じています」と話す。

新シーズンの初回SPの舞台は香港・日本総領事公邸。
香港警察も踏み込めない「聖域」で事件は起こる。
右京としては『Season2』での英ロンドン以来、10年ぶりとなる海外ロケ。
「香港はかつてイギリス領だったので、興味を持っていたというあたりは、非常に右京らしいなと思いました。初めて来ましたが香港の持っている人のエネルギーはすごいですね」と刺激を受けた。
新相棒・成宮とのコンビについても「享に関しては、とらえどころのない良さ、底が見えない良さがありますね。それによって『相棒』の世界でいろいろな事ができるのが本当に楽しみです」と語っている。

いきなり海外ロケに参加した成宮は「小さい頃から水谷さんの作品を見てきたので、まさか自分が大先輩の水谷さんとお仕事ができるなんて本当に感激しています。さらに、相棒という国民的なドラマでタッグを組ませてもらえるのは嬉しい限りです」と初々しくコメント。
親子ほど年の離れた水谷とは「アニキ的というか、兄弟のような感じで接してもらって不思議な感じ」と話していた。

そんな成宮演じる亨には航空会社の客室乗務員で年上の彼女がおり、父親は警察庁のお偉方という新たな登場人物が加わって物語は新展開。
成宮は「真飛さんは男役だったこともあり、本当に頼り甲斐があります。ロケの合間に談笑している時も笑い声が低くて(笑)。役でも、年上の彼女ですので、楽しみにしてください!」と“彼女”をアピールした。

2009年に宝塚歌劇で『相棒』が舞台化された際に杉下右京を演じた真飛は、ドラマ本編のレギュラー出演が決まって「嬉しくて泣いてしまいました」と喜びもひとしお。
「自分の中にまだ右京がいるのか、撮影が始まってまだ間もないのですが、水谷さんの事を初めてという感じがしない」と話しており、2人の“右京”の共演も見どころの一つになりそうだ。

OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーサイト


0001.jpg


「白バラのプリンス」と呼ばれた宝塚歌劇団の往年の男役スター、春日野八千代(かすがの・やちよ、本名石井吉子〈いしい・よしこ〉)さんが29日午前10時34分、肺炎のため亡くなった。
96歳だった。
葬儀は近親者で行い、後日、宝塚歌劇団葬を兵庫県宝塚市栄町1の1の57の宝塚バウホールで開く予定。

神戸市生まれ。
宝塚少女歌劇団時代の1929年に初舞台を踏んだ。
戦前は「お國歌舞伎」「花詩集」などに主演、39年のアメリカ公演にも参加した。

戦後の46年4月、進駐軍に接収されていた宝塚大劇場の再開第1回公演「カルメン」にホセ役で主演して以来、雪組組長兼主役スターとして宝塚復興の大黒柱に。
「南の哀愁」「ハムレット」「虞美人(ぐびじん)」「源氏物語」「君の名は〈ワルシャワの恋の物語〉」など、端正な容姿と気品のある演技で多くのファンを魅了した。



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



0011.jpg

1982年の第一巻刊行以来、30年経った今も多くのファンに愛され続けている大ベストセラーSF小説『銀河英雄伝説』。本作が小池修一郎による脚本・演出で、宝塚歌劇団宙組の新トップコンビ、凰稀かなめ実咲凛音のお披露目公演として上演される。
新生宙組のトップスターとして組を率いる凰稀に、現在の心境を訊いた。

「この演目をやると聞いてから原作の小説を知ったので、最初はピンとこなかったんです。でも宙組にピッタリな題名ですし、小池先生が男祭にしたいとおっしゃっていて(笑)、長身ぞろいの宙組でやるときっとカッコよくなると思いましたね。その後、原作を読んで人間味あふれる内容に魅力を感じましたし、(原作の)熱狂的なファンの方が多いと知って、これは大変だという思いも出てきました」。

ファンが多い作品だからこそ期待を裏切ることはできないが、宝塚版として、いい意味で裏切りたいという気持ちもあるという。
「『銀河英雄伝説』のファンの方にも、これをきっかけに観に来て頂けると、とても嬉しいです。宝塚歌劇を観たことがない方にも、原作を知らない宝塚歌劇のファンの方にも楽しんで頂ける舞台にしたいです。映像とのコラボやコスチュームなど、見た目にも華やかですし、曲もダンスもとても素敵なので、宝塚歌劇ならではの『銀河英雄伝説』を堪能して頂きたいですね」。

限りなく広がる銀河を舞台に、「銀河帝国」対「自由惑星同盟」の戦いと各々の人間ドラマを壮大なスケールで描いた本作。
凰稀が演じる圧倒的なカリスマ性を持つ名将・ラインハルトについては「とても喜怒哀楽が激しい人」と分析する。「原作を読んですごく冷静な人だと感じたのですが、宝塚版では野心的な部分や苦しみなどが濃く描かれているので、そのあたりは小池先生と相談しながら作り上げていきたいです」。

新トップスターとして男役の理想像、宙組の方向性について尋ねてみたが、特別に気負うことはない。
「今までも理想は考えずにやってきました。それだけになりたくないという思いもありますし、作品ごとにいろんな自分を発見していきたいんです。お客様にもそういった部分を感じて頂きたいと思ってやってきたので、これからもどんどん成長して、素敵な男役になりたいです。宙組全体に関しても、私が方向を作るのではなく、みんなで宙組のスタイルを作っていきたいですね」。

凰稀を中心としたフレッシュな宙組が、新たな伝説を生み出すはずだ。



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。