宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



akira.jpg

演出家、謝珠栄が挑む、新たなスタイルの舞台「神戸 はばたきの坂」。
この作品に出演する、元宝塚歌劇団の萬あきらに、作品の見どころから役作りでの奮闘ぶり、宝塚時代の印象に残る役などの話を聞いた。

「神戸 はばたきの坂」は、4月28日から5月4日まで兵庫県立芸術文化センターで上演予定の「兵庫県発信」のミュージカルだ。
神戸といえば昔から、海外に開かれた土地柄。
そんな神戸ならではの作品をということで、演出の謝珠栄が注目したのが「旧国立神戸移民収容所」だった。
新天地を求めブラジルへ旅立とうとする人たちの、神戸での最後の1週間を描く。
かつて「ガランチード」という作品の取材で訪れたときから、ずっと気になっていた場所であったという。
東京のファンの強い要望もあり、5月6日の1日だけ、新宿文化センターでも上演されることとなった。

「地元参加型ミュージカル」というのも今回の大きな特徴。
オーディションで選ばれた15歳から30歳までの男女28人が、アンサンブルとして舞台に加わる。
だが、「市民参加型ミュージカル」にありがちなものにはしたくない、決して妥協はしないというのが出演者、スタッフ全員の意気込みだ。
コロスと呼ばれるアンサンブルたちは2011年の12月から熱心な稽古を続けている。

メインキャストも実力派が揃う。
物語の舞台となる移民収容所には、全国各地からブラジルを目指す人が集うが、このうち東北からやって来た家族を演じるのが、土居裕子、戸井勝海、彩乃かなみ
沖縄からやって来た家族に、宮川浩、萬あきら
そして、彼らを見守る収容所の職員に、坂元健児が扮する。
照井裕隆が、収容所の医師と南京町の中国人住民の2役。
また、剣幸はすでにブラジルに移住し、一時帰国中の移民を演じる。

2010年に宝塚を退団後、初の本格的な「ミュージカル女優」への挑戦となる萬あきらが演じるのは、弟と2人きりで育った沖縄出身の女性の役だ。
「48歳の女性の役を演じるのも、高い声で歌うのも、私にとっては大挑戦で、毎日ドキドキです。でも、なかなかできない勉強だから、苦しくても楽しい」と意気込みを話す。
本読みのときに、思わず低い声を出してしまい「そこまで落とさないで。男役みたいになっちゃうから」と言われてしまったこともあるとか。

じつは、演出家の謝珠栄とは宝塚では1期違いの先輩後輩の間柄だ。
「謝珠栄作品は、ずっと観てきていて、いつか『ちょっとでも出られたらうれしいなあ』と思っていた」そうだから、今回は念願叶っての出演となる。

宝塚時代はダンサーとして、あるいは渋い大人の男役として長年活躍してきた萬。
印象に残る役は「グランドホテル」のジゴロ。
そして、退団公演「カサブランカ」の黒人ピアニスト、サム。

あんなに下級生と触れ合える役は初めてで、最高に楽しく想い出深い作品だったのだという。
台詞がほとんどない役の面白さを感じた話など、脇を締めて来た芝居巧者ならではの話も聞くことができた。
宝塚でがんばっている後輩たちを観に行くのも楽しみで、脇でキラリと光る人を見つけたら、つい「良かったよ」と声をかけたくなってしまうという。
「脇でいい味を出している人が、これからというときに辞めてしまうのは本当にもったいないなと思う」「いろんな素材が集まってひとつの舞台ができるのだから、いい芽は伸ばしてあげて欲しい」と宝塚歌劇に込める思いも話してくれた。

これからの抱負は、「いくつになってもエネルギッシュに歌って踊って芝居ができるエンターテイナー」だという萬、「継続することが何より大切。それが、その人の顔になっていくと思うから、いい顔でいられるように、がんばりたい」と気を引き締める。
「神戸 はばたきの坂」でも、女優としての新たな一面を見せてくれそうだ。


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーサイト


pAy7V01qQwkmoOS.png

宙組の若手スター愛月ひかるは、今公演「ミュージカル 華やかなりし日々」で退団するトップスター大空祐飛に、食らいつく日々だ。
5月1日、兵庫・宝塚大劇場で行われる同作新人公演に主演が決まった。
同組の新人公演では、直近4作中、3度目の主演。
だが、若武者の胸中には焦りがあった。
支えになったのは、あこがれの先輩・大空の存在だった。
「最後まで一挙手一投足を見逃さず、統率力、人間性も見習いたい」。
トップの品格とカリスマ性を学び取る。東京宝塚劇場は6月14日。

偉大な先輩のラスト公演。
大空が持つダンディズム、哀愁が際だつ作品だ。

「最後のチャンス。しっかり大空さんの男役像を、吸収させていただきたい。大空さんがすてき過ぎて、私が演じたら? って、正直、不安はあります」

だが、たくましさも身についた。
入団6年目。
順風満帆かに見えるが、本人は焦燥感を味わっていた。

「辞めたいと思うぐらい悩んだ時期もありました。いつも焦りは感じていました」
というのも、同期(93期)には、首席入団ですでに昨年、バウ公演主演も果たした雪組の彩風咲奈、元プロ野球投手の山沖之彦氏を父に持つ花組の芹香斗亜、娘役では雪組トップ娘役の舞羽美海らがいる。

「活躍している同期の中で、私は出始めたのが遅くて...」。
スロースターター。募る不安。
殻を破るきっかけが、大空だった。

3年目の09年、トップ大空の大劇場お披露目公演「カサブランカ」の本公演で役がつき、新人公演では大役を得た。
次の大劇場作「トラファルガー」は、本公演で大空の息子役に抜てき。
その次の「誰がために鐘は鳴る」で新人公演初主演を果たした。

「カサブランカのオーディションは『ここで絶対、つかまなきゃ』って思っていました。とにかくチャンスが欲しかった」

念じた通り、ワンチャンスをモノにした。
もともと、土壇場で力を発揮するタイプだ。
子どものころ、運動会でも最後には1着をとった。
稽古でできなかったことが、舞台でこなせることもしばしば。
いまも、演出家から「本番に強いね」と言われるという。
そして、大空からもらった言葉で、勇気は倍増した。

『愛ちゃんは宝塚が好きなとこが、いい意味で舞台に出ている。お客さんが喜ぶところを分かっている』と。いまも(ファンだった頃の)気持ちを大切に演じています」

2歳のころから、母の膝の上で観劇。4歳からクラシックバレエを習い、当初は「見るのが好き」だったが、幼くして自らを「客観視」する能力を持ち合わせていた愛月は、早々と将来の道を決める。
「バレエをするには、身長が伸びすぎてしまった」
小学5年のとき、目標を宝塚に定めた。
一発合格。
最初から受験は1回と決めていた。

「すごくファンだったからか、なぜか『1回で合格する人じゃないと、成功しない』と勝手に思っていた。生意気な小学生でした(笑い)。不合格だったら(長身を生かして)モデルになろうと決めていました」

心は熱くなっても、冷静さは失わない。
それは今、演技者として生きる。
「お芝居をしながら、自分がどう見えているかを、もう1人の自分が見ています」。

本来の自分を取り戻した。
前作「クラシコ・イタリアーノ」では、2番手役を演じ、また勉強になった。

「自分は、周囲に支えられていた。今度は、私が、主役を支えたい、と。今まで自分のことだけで必死。ようやく舞台全体を考える余裕が出てきたのかな」

かつて自分があこがれた男役が、目指す男役像でもある。
「品格と宝塚らしさ。男役の品や色気、若干そこまでやるの? というぐらいのくさい部分も。それをなくしたら、宝塚ではなくなってしまう」。

品格は、普段から身につけていないと出ないと考える。
「日頃の行いや服装、すべてがつながっていると思う」。
男役の美学を追究し続けてきた大空こそ、生きた教科書だ。
特に、ダンディーで、男の色気を漂わせるスーツ姿は絶品だ。

「私は(衣装がスーツの)前回、歩き方やしぐさがさまになっていないと(上級生に)指摘されました。これまで軍服や着物、コスチュームに助けられていた。自分に対して悔しかった。大空さんは、ポケットに手を入れて立っているだけで格好いい。できることなら、ずっと見ていたい...。人を引きつける力も尊敬しています。その姿をしっかりと目に焼き付けたい」



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



danraibyu.jpg

シンガー・ソングライター、遊佐未森(48)が28日、赤坂・草月ホールで2日間連続公演をスタート。
女優、檀れい(40)がゲスト出演し、2005年に宝塚歌劇団を退団して以来、7年ぶりに舞台で歌声を披露した。

黄色のドレス姿の檀は、5年来の友人の遊佐を見つめ「みもちゃんとフカヒレを食べて、お肌プリプリで来ました」とユーモアを交えてあいさつ。
「ひょっこりひょうたん島」をコミカルなダンスを交えて披露するなど、4曲をデュエットし、月組、星組トップ娘役で培った美声を響かせた。

檀は遊佐の最新アルバム「淡雪」の収録にも参加。
この日、遊佐から「またやりましょう」と呼びかけられ、「ひょっこり-」の流れで、クロールのポーズで舞台から降りていった。



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。