宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



sansettodouriniidomu.jpg

『オペラ座の怪人』や『キャッツ』で知られる作曲家・アンドリュー・ロイド=ウェバーの代表作のひとつで、1995年のトニー賞で作品賞、作詞・作曲賞、主演女優賞など7部門を受賞した『サンセット大通り』が、ついに日本でも上演される。

原作は1950年の同名の映画。
今は忘れられたかつての大女優が、若い脚本家・ジョーと出会い妄執を募らせていく物語だ。
ブロードウェイではグレン・クローズが演じたヒロイン・ノーマ役に安蘭けい、ジョーと恋仲になる映画会社の若手脚本部員ベティ役に彩吹真央
共に宝塚歌劇団出身で、歌唱力にも定評があるふたりに、日本初演で臨む同作への意欲を訊いた。

ロイド=ウェバーが大好きだという安蘭は「いろんな女優さんがやりたいとおっしゃる大役を演じるのはとても光栄で、神様が巡り合わせてくれたのだと思います。仕事仲間からは『落ちぶれた女優役は、まだ早いんじゃないの』とも言われましたが、去年は『ピアフ』や『MITSUKO』で女性の晩年も演じさせていただいたので、その経験がうまく役に反映できればいいですね。全力を尽くし、足りない部分は勉強します」語る。

彩吹は「日本での上演が待たれていた作品の初演に参加させていただくので、心して頑張りたいです。若いけれど自分なりの生き方を持ったまっすぐなベティという役を、お芝居でしっかり演じれば、歌でもキャラクターを表現できるかなと思います」と控えめに話す。

そんな彩吹を見て安蘭は「結構、そのまんまじゃない? ゆみこ(彩吹の愛称)は、まっすぐないい子だよ。一緒に作品を作ってきた信頼関係があるから、ゆみこには何でも言えるし、ここまでやっても大丈夫という安心感がありますね」

「下級生の時から、とうこさん(安蘭の愛称)の背中を見て、いろいろ教えていただきました。昔は男役同士だったのに、今はスカートをはいて女優としてご一緒させていただくのが不思議です」と彩吹。

男性のメインキャストは、ジョー役の田代万里生と、ノーマの元夫で執事のマックス役の鈴木綜馬。
田代と同じ事務所の安蘭は「よく知っているから、ノーマとジョーみたいに私がリードする立場になるのかな」と楽しげに話す。シャネルの生涯を描いたミュージカル『COCO』で鈴木と共演した彩吹は「綜馬さんやとうこさんとは一緒に作品を作り上げた絆がありますが、田代さんも初めてお会いしたとは思えない雰囲気があるんですよね。のんびりしていて、面白い方です(笑)」

シリアスでゴージャスな本作の日本版ならではの舞台に期待したい。


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



senataidann.jpg

ウィーン版初演から20周年を迎え、日本でもすっかり人気が定着したミュージカル「エリザベート」。
2012年5月からの上演では、タイトルロールのエリザベート役を、宝塚の元トップスターである、春野寿美礼瀬奈じゅんがダブルキャストで演じることも話題だ。

東宝版の「エリザベート」は初出演となる春野は、製作発表記者会見について「『人生の一大イベント』といってもいいくらい、とても緊張した。でも、共演者の皆さんの空気がとても温かく、感謝の気持ちでいっぱい」とまず話した。
隣にいた瀬奈のフォローにも、ずいぶん助けられたという。

対する瀬奈は、エリザベート役は2010年に続く二度目の挑戦。
「だからこそ、もっと成長していなければというプレッシャーもあるし、一度やったからこそ生まれてしまった欲もある。前回以上に、シシィ(エリザベート)の人生をしっかり生きたい」と、役への意気込みを熱く語った。

「ダブルキャストのもう一人」の名前を聞いたときの最初の印象についても聞いてみたが、やはり二人ともうれしかった模様。久しぶりに稽古場で一緒に過ごせるのが楽しみだそうで、公演の合間に何をしたいか等の話でも大いに盛り上がった。

宝塚でのトップスター時代には、ともにトート役も経験している二人。
トート役としてみた場合にエリザベート役として相手をどう思うかについて聞いてみたところ、「逆に連れていかれちゃう」(春野→瀬奈シシィ)、「いつまでも連れて行きたくない」(瀬奈→春野シシィ)と、対照的な答えが返って来て、興味深かった。

最後に「これから二人でやってみたいことは?」と聞くと、「たくさんあります!」。
本格的なお芝居から、楽しいイベントまでアイデアが飛び出し、これまた大盛り上がり。
ぜひ、一つでも二つでも実現して欲しいものだ。

こうして、笑いの絶えない対談となったが、もちろんそれも「お互い、舞台上で良い刺激を与え合えるとわかっているから」(瀬奈)という信頼関係が大前提にあってのこと。
いつにも増して、見応えのあるダブルキャストとなりそうだ。


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


月組公演、ミュージカル「エドワード8世」―王冠を賭けた恋―(大野拓史作、演出)の新人公演が、21日、宝塚大劇場で行われた。

「エドワード8世」は、霧矢大夢と蒼乃夕妃の月組トップコンビのサヨナラ公演のために大野氏が書き下ろしたオリジナルミュージカル。
大野氏によると、英国ものが大好きな霧矢自身の希望で選んだ題材だという。エドワード8世、通称デイヴィッドは、封建的な英国王室を改革しようと、さまざまな挑戦を繰り返し、国民からは庶民的な国王として愛されたものの、過激な行動に危機感を感じた王室や政府に受け入れられず、戴冠式直前に在位1年たらずで退位、アメリカ人実業家夫人と結婚して世界中の話題となった。

大野氏は、そんな、旧態依然とした王室から自由な場所へ飛び出そうとしたエドワード8世と宝塚から羽ばたこうとする霧矢を重ね合わせ、その象徴としてウォリス・シンプソン夫人とのかけひきも含めた大人の恋をからませている。
なかなかレベルの高い内容で、国王と実業家夫人の恋の逃避行といった従来の宝塚的昼メロ的雰囲気を期待する向きには肩すかしを食らう。

本公演はどうしても霧矢、蒼乃のサヨナラ公演ということが先にあって期待するものが大きいが、新人公演は、そんな先入観なく真っ白でみられるので、内容そのものをじっくり楽しむことができた。
そんななかで本公演では見えなかった作品的なよさや、欠点が新たにうかびあがり、有意義な新人公演だった。

しかし、それもこれも新人公演の主演コンビの珠城りょうと愛希れいかが、内容をよく理解した期待をはるかに上回る好演だったことが大きな要因。
研4と3という若いコンビとは思えない充実ぶりだった。

デイヴィッド役の珠城は、「スカーレット・ピンパーネル」以来2度目の新人公演主演。
下級生とは思えない落ち着きがあり、若さが感じられないのが、長所であり短所であったのだが、王室育ちのノーブルさが必要とされる今回の役にはぴったりで、「ミー&マイガール」の瀬奈じゅんを思わせる登場シーンでは茶目っ気も感じさせて快調。
本公演の諜報員役でも新境地を開拓しており、今後の月組の大きな戦力として期待できそうだ。

一方、ウォリス役の愛希は、次期トップ娘役が発表されたばかり。
トップが決まったあとで新人公演の主演というのは、これまであまり聞いた事がない。それはさておき、それにふさわしい押し出しの効いた大きな演技で、珠城と互角に演じきり、これからの大舞台に期待がふくらんだ。
2人ともこういう大人な雰囲気の芝居にはぴったりだった。

龍真咲が演じたガイは煌月爽矢。このドラマ全体の進行役も兼ねた重要な役どころだが、脚本の中途半端さが一番よくでた役であることもよくわかり、煌月はせりふの切れがよく、さわやかに演じているものの、インパクトが弱い。
これは側近のトーマス(明日海りお)も同様で、新人公演で演じた鳳月杏も、本人のせいではないが印象がうすかった。

チャーチル(一樹千尋)の千海華蘭は、研6だが初めて聞く名前。童顔なところが損をしているが、大役をしっかりと受け止めた好演。
紫門ゆりやは越乃リュウが扮した首相役にまわったが、二枚目役を経験しているだけに、こういう役だとやはり目立つし華やかさが際立つ。
芝居もうまかった。

ほかの脇役もそれぞれに個性的で、見応えのある新人公演だった。

さて、霧矢、蒼乃の退団後を受け継ぐ新体制が発表され、龍がトップ、凖トップに明日海、娘役トップが愛希と決まった。お披露目演目は「ロミオとジュリエット」で、ロミオ役は龍と明日海のダブルキャスト。
トップ披露が凖トップとダブルキャストというのは聞いた事がなく、ファンの間でも波紋を呼んでいる。
歌劇団にどういう意図があるのか、今後の展開に注目したい。



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。