宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



宝塚歌劇団花組の二番手男役スター、壮一帆(そう・かずほ)が11月4日、日本青年館(東京・千駄ケ谷)で開幕するコメディー「カナリア」(正塚晴彦作・演出)で、真っ白な長髪に、黒い衣装でバリバリに決めた“ビジュアル系悪魔”を演じる。

「宝塚の男役らしくない役です。一人前の悪魔になるため、人間社会に降りたヴィム(壮)が、真面目に課題に取り組もうとすればするほど、彼は人間に翻弄されます」

平成13年、匠(たくみ)ひびき主演で好評だった作品の再演。
悪魔学校のエリート小悪魔、ヴィムの卒業課題は、最初に出会った人間を不幸のどん底に突き落とすこと。
しかし現代パリに降りたって見つけた標的、アジャーニ(実咲凛音(みさき・りおん))は衣食住にも事欠く悲惨な境遇の女性。生きるために悪事を働く、悪魔の想像をも超えるブラックな人間社会にも直面する。

「10年前、悪魔と人間のかみ合わないやりとりが面白く、客席で大笑いしました。でも実は大切なメッセージのある作品で、真っすぐな悪魔の方が、人間よりまともに見えてきます」

作中、悪魔軍団リーダーとして後輩悪魔を率いるが、実は楽屋大部屋でも後輩を束ねる立場。
今年は同期の蘭寿(らんじゅ)とむがトップに就任、お披露目公演「ファントム」では蘭寿とがっぷり組み、複雑な背景を持つ怪人の父親役を好演した。

立場も上がった今、「出演者それぞれ新境地を開拓できるお芝居なので、みんなモチベーションが高い」と全体を見渡し、豪快に笑った。

10日まで。問い合わせは阪急電鉄歌劇事業部(電)03・5251・2071。
コメディー「カナリア」のチケット情報はこちらの記事をどうぞ!


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



index3.jpeg

歌劇の街に新しい銘菓を作ろうと、宝塚市が今月から、お土産用の焼き菓子「宝塚フィナンシェ」の試験販売を宝塚大劇場内の売店で始めた。
市内の5人のパティシエが創作過程で参加。知的障害者らが製造する新しい取り組みでPRしていく。

宝塚フィナンシェは、しっとりとした食感で、アーモンドの香ばしさが引き立つ定番の味とココア味の2種類がある。
フィナンシェは仏語で「金塊」などの意味で、宝塚の「宝」を連想してもらおうと企画した。
金色の箱に入った5個セットは700円、ばら売りは1個130円。

市内の人気洋菓子店の5人のパティシエが昨夏の企画の段階から携わった。
レシピを提供して試作に立ち会って指導し、材料の仕入れの助言もしている。
製造するのは知的障がい者支援事業所「宝塚けやきの里」。
市内の事業所の雇用創出も狙いの一つで、収益はけやきの里の人件費や材料費などに充てられる。

現在、劇場内の2カ所の売店で販売。11月12日の音楽イベント「宝塚音楽回廊」や12月23日の「宝塚ハーフマラソン大会」などイベント会場でも販売する。



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



展覧会:宝塚レビューになった全国の郷土芸能展覧会--大阪・阪急文化財団池田文庫

宝塚歌劇団が1958年から20年間上演した、日本各地の民俗芸能のレビューシリーズ。
その資料や映像を集めた展覧会「タカラヅカを彩った郷土芸能」が、大阪府池田市栄本町の阪急文化財団池田文庫で開かれている。12月4日まで。

歌劇団が戦後、海外公演向きの演目として考案したのが日本の民俗芸能のレビュー化だ。
演出家の故渡辺武雄氏を中心に、歌劇団内に郷土芸能研究会を設置。
全国を歩いて、写真、スケッチ、8ミリフィルム、録音テープなどで記録し、その資料から歌や踊り、衣装を再現したレビュー22作品を上演した。

会場で目を引くのは、日本地図の巨大パネルに、研究会が現地で撮影した写真を張り付けた「民俗芸能マップ」。
全国の農村に伝わる神事や祭りが一目で分かる。
田畑きよ子学芸員は「既に消滅した郷土芸能の記録もあり、資料価値も高い。
採集した資料が宝塚のどの演目につながったか分かるように工夫した」と話す。
過去の舞台写真もあり、往年のスターのコメントも同時に掲載されていて興味深い



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。