宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


佐久間良子、浅丘ルリ子ら豪華女優陣が舞台共演 「最初で最後かも」

舞台『姉妹たちの庭で』の初日公演を前に報道陣の取材に応じた女優の佐久間良子、浅丘ルリ子、江波杏子、安奈淳が23日、出演舞台『姉妹たちの庭で』の初日公演を前に報道陣の取材に応じた。
かつて東映(佐久間)、日活(浅丘)、大映(江波)、宝塚(安奈)を支えた看板スターたちの豪華共演に浅丘は「昔は“五社協定”があったので共演は考えられなかった。最初で最後の共演かもしれないけど、楽しい」と感激しきり。
浅丘と38年ぶりに共演を果たした佐久間も「同じ映画の時代を共有した仲なので、仲良く楽しくやっています」と笑顔をのぞかせた。

プライベートでの交流はあるものの、佐久間と浅丘が共演者として顔を揃えたのは映画『戦争と人間』(1973)のワンシーンのみ。念願の舞台初共演に浅丘は「ずっと共演を望んでいました」と満足げに語ったが、劇中で披露される2人の陽気なデュエットについては「お恥ずかしい。見所ではないです!」(浅丘)、「お芝居の流れで歌ってしまいました…」(佐久間)と恐縮しきりだった。

同作は、アメリカ中西部の街に暮らす歳を重ねた姉妹たちを中心に、悩みや心の葛藤を繰り返しながらも、平穏で暖かい日々を送っていくハートフルコメディ。三女・アイダを演じる江波は「佐久間さんと浅丘さんはいろいろな意味で勉強になる。参加できて幸せです」と嬉しそうに語り、四女・アリー役で、唯一衣装がパンツ姿の安奈は「女性を演じていても、時々“男役”が出ちゃうんですよね」と笑いを誘った。
『姉妹たちの庭で』は、6月24日(金)より東京・シアタークリエにて上演。

~チケット情報はこちらでどうぞ~


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


ミュージカル「MITSUKO

公演期間:2011/6/11(土) ~ 2011/6/29(水)
会場:青山劇場 (東京都)
注意事項:未就学児童は入場不可。
公演などに関する問い合わせ先:キョードー東京:0570-064-708
料金=全席指定SS席 15,000円/S席12,000円/A席9,000円/B席6,000円/C席3,000円
お問い合わせ=キョードー東京 TEL.0570-064-708

▼チケットの情報はこちらからどうぞ▼
icon

安蘭けい主演のミュージカル『MITSUKO ~愛は国境を越えて~』の上演が決定★

本作は、ヨーロッパでは今もなお語り継がれている日本人女性・クーデンホーフ光子の生涯を描いたもの。
彼女は1892年に、オーストリア=ハンガリー帝国の駐日代理大使として東京に駐在していたハインリッヒ・クーデンホーフ=カレルギーと恋に落ち、記録上、日本人で初めての国際結婚を果たした人物。

当時は国際結婚どころか、外国人との交際さえありえない。
日本で外国人と結ばれる女性は、特別な娼婦「ラシャメン」と呼ばれ、さげすまれていた時代。
1892年当時18歳だった青山光子は、ハインリッヒと出会い、親に勘当されながらも結婚を決意する……。

脚本・作詞・演出に小池修一郎
音楽にフランク・ワイルドホーン
主演に安蘭けいという、菊田一夫演劇大賞受賞作『スカーレット・ピンパーネル』の顔合わせで送るドラマチックなラブストーリーだ。

日本・EU市民交流年を記念し、05年にウィーンで開催された、同作のコンサートバージョンは、昨年、日本で上演されたが、全編ミュージカルの国内上演はこれが初めて。

共演にはウィーン版『エリサベート』のトート役などで人気を集めた、マテ・カマラスをはじめ、国境を超えた競演が実現する。

いやはや小池修一郎先生は、大活躍されていますね。嬉しい限りです。考えてみるとカナメさんの「PUCK」も小池先生でした。
好きな作品をあげてみると、小池作品が沢山出てきます!
29日までの舞台!お時間ありましたら是非是非★★

OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


女優の天海祐希が6月25日、「劇団☆新感線」の舞台を劇場上映する「ゲキ×シネ」の第9弾「薔薇とサムライ」の初日舞台挨拶を、主演の古田新太とともに東京・新宿バルト9で行った。

↓オスカル姿をヅカでみたかったです↓


天海が劇団☆新感線の舞台に立つのは、「阿修羅城の瞳」(03年上演)以来2度目。
素晴らしい体験。受け入れ態勢も万全で、私は私で一生懸命やればよかった」と述懐。
そして、「新感線の舞台に出るのが夢という俳優さんもたくさんいる。私自身、体力があるうちに早く呼んでくださいとお願いしているところ」と再起用のラブコールを送った。

王位継承者として即位を強要された女海賊アンヌ・ザ・トルネードを演じ、勇ましい海賊から華麗な女王までカラフルな七変化を披露。
「どの衣装も楽しかったですけど、海賊ルックは暑かったですね」と振り返った。

全国45スクリーンで封切られ、天海は東北地方での公開に「良かったです」と安どの表情。
舞台挨拶の模様は全国20館で生中継され、古田は「各地に行きつけの飲み屋がある。今日は新宿で飲みます」と不敵な笑み。天海の大ファンだといい「こんなに近くで一緒にいられて、ありがたかった」と笑みを浮かべた。

09年に劇場公開された「ゲキ×シネ『五右衛門ロック』」に登場した石川五右衛門(古田)を主人公としたパラレルストーリーで、昨春に同劇団の30周年興行として東京、大阪で9万人を動員した。
五右衛門と女海賊・アンヌ(天海)のスリリングな冒険を新感線ならではのゴージャスな演出で描く。

久しぶりの共演に古田は「天海さんのファンなので、近くで見られるのはありがたかった」とニッコリ。天海も「素晴らしい劇団。受け入れ態勢が、1回出ていると準劇団員の扱いで、嬉しかったです」と語り、“相思相愛”ぶりをうかがわせた。

また共演の浦井健治と山本太郎の演技について触れた古田は、「テンションが高くなりすぎて、舞台上で自分が何をしているのかわかっていない、自分を見失うタイプ。ICチップがない、記憶ができないタイプ」と分析し、笑いを誘った。

『薔薇とサムライ』は、今年春に劇団☆新感線が30周年興行として上演。
東京・大阪で8万人が熱狂した人気作品。
2009年に“ゲキ×シネ”で公開された『五右衛門ロック』の主人公・石川五右衛門が、本作では時空を超えて17世紀のヨーロッパの小国にやってくるパラレルストーリーだ。

NODA・MAPの『パンドラの鐘』('99年/野田秀樹演出)以来の共演となるふたりは、「古田さんは、舞台上の存在感がとにかく大きい方。すごく自由なんですけど、決め事はちゃんと守っている。
あっ、天才って本当にいるんだな』って思いました。すごく安心できる、頼りになる方ですね
」(天海)

「ゆりちゃん(=天海の愛称)は、俳優としての威力が全然違う。ものすごーく古い例えだけど、サミー・ソーサ(※元メジャーリーグの打者)みたいな女優さん(笑)打ち取れる気がしねぇって感じです」(古田)と、お互いを絶賛。

今回、宝塚時代を彷彿とさせるような衣裳やメイク、ダンス、歌などを披露する天海は、「私にとって、お芝居の基本はすべて宝塚で学んだこと。宝塚を辞めてこのくらいの時間が経っていなければ出演しようと思わなかったでしょうし、新感線でなければ出演しようと思わなかった」と話すも、「演出のいのうえ(ひでのり)さんの味付けと、中島(かずき)さんの脚本、新感線のメンバーの方々がいる中で、こういうやり方もできることがわかった。宝塚退団からの年数が、自分をずいぶんと柔軟にしているなぁと気づきました」と語った。

そして、本作の見どころについて聞いてみると、古田は「やっぱり、ゆりちゃんが女海賊たちに対して『元気出せ!』とか言って、二カッと笑うと、もうメロメロになりますよね。
『おっ、てめぇの威力知ってんな?』みたいな」とコメント。
また『五右衛門ロック』('08年)からの五右衛門役については、「ちゃらんぽらんで、女に弱くて、腕が立って、頭もいい。でもドジみたいな。そんなキャラクター、劇団的には25年間ずーっとやり続けてる。でも『五右衛門ロック』の時に、とても多くのお客さんが喜んでくれて。だから、本作では完全に吹っ切れてます」と明かした。

最後に天海は、「““ゲキ×シネ”は、映画と舞台の中間にあるものだと思う。舞台って、ちょっと敷居が高いと思っていらっしゃる方も多いと思うけれど、“ゲキ×シネ”は、もっと近くに感じるというか。劇場という枠を超えて、各都市のみなさんのそばに行ける。すごくうれしいことです」と語ってくれた。
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

ゆりちゃんの写真を見ると、どうしてもベルばらのオスカルをみたい!と思いました。
嗚呼、ビルも大好きでした。アンドレも大好きでした。ですが…オスカルを観たかったです。


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。