宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


カテゴリ:娘役・タカラジェンヌ の記事一覧
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



道平陽子みちひら ようこ

michihirayouko.jpg

タレント。元宝塚歌劇団雪組の娘役。
神奈川県相模原市、相模女子大学高等部出身。身長163cm。
宝塚時代の芸名は、翠 花果(みどりはなか)。
愛称はだーたん、ミテキ(バレリーナミテキ・クドーに顔立ちが似ていたため)。

略歴
1988年、宝塚音楽学校に入学。
1990年、76期生として宝塚歌劇団に入団。花組「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台。
後に雪組に配属される。
同期生は、OGでは彩輝直(元月組トップスター、現・彩輝なお)、純名里沙(元花組トップ娘役)、風花舞(元月組トップ娘役)、月影瞳(元雪組トップ娘役)、星奈優里(元星組トップ娘役)、樹里咲穂(元専科スター)など。
現役では寿つかさ(宙組組長)などがいる。

1993年、「ブルボンの封印」にて、朝の連続テレビ小説「ぴあの」主演に伴い休演した純名里沙の代役を務める。
また、同公演の新人公演にて初ヒロインを務めた。
1994年、ロンドン公演メンバーに選抜される。
1994年、「風に吹かれて」でバウ初ヒロインを務める。
1997年7月30日、「仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ」の千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団する。
退団後は、東京MXテレビ「談志・陳平の言いたい放だい」のアシスタントの他、タレントとして活動している。

宝塚時代の主な舞台
1993年1月、「セ・ラムール -さすらいの地中海-」(バウ)テレーズ
1993年3月、「忠臣蔵 -花に散り雪に散り-」(東宝)新人公演:音羽(本役:渚あき)
1993年5月、「天国と地獄 -オッフェンバック物語-/TAKE OFF」新人公演:ヘンリー(本役:香寿たつき)
1993年10月、「ブルボンの封印/コートダジュール」アンリエット(純名里沙の代役)、新人公演:マノン(本役:紫とも) *新人公演初ヒロイン
1994年1月、「ライト&シャドウ」(シアタードラマシティ)カレン
1994年4月、「ライド・オン」(バウ)アイコ/キャロル
1994年7月、「花扇抄/扉のこちら/ミリオン・ドリームズ」
1994年9月、「風に吹かれて」(バウ)アキコ・ドンヴァン *バウホール初ヒロイン
1994年11月、「雪之丞変化/サジタリウス」千世、新人公演:おみつ(本役:星奈優里)
1995年5月、「JFK/バロック千一夜」リー、新人公演:マリリン・モンロー(本役:星奈優里)
1995年11月、「あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール」鏡女王
1996年2月、「エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-」ヘレネ、新人公演:ルドヴィカ公爵夫人(本役:京三紗)
1996年4月、「あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール」(全国ツアー)鏡女王
1996年8月、「虹のナターシャ/La Jeunesse!」呉竹竹子、新人公演:曾根邦子(本役:小乙女幸)
1996年11月、「晴れた日に永遠が見える」(バウ・東京特別・名古屋特別)フローラ
1997年2月、「虹のナターシャ/La Jeunesse!」(中日)呉竹竹子
1997年3月、「仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ」ヴィクトール *退団公演



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーサイト


五条 まいごじょうまい


女優、元宝塚歌劇団雪組の娘役。
宮崎県日南市、川内純心女子高校出身。
身長165cm。
宝塚時代の愛称は、チカ、ちー坊。
所属事務所は柊企画。
特技はモダンバレエで、朱里みさを、名倉加代子に師事する。

来歴
1985年、宝塚音楽学校に入学。
1987年、73期生として宝塚歌劇団に入団。
「宝塚をどり讃歌」で初舞台。同年雪組に配属される。
同期生は、天海祐希(元月組トップスター)
絵麻緒ゆう(現・えまおゆう、元雪組トップスター)
姿月あさと(元宙組トップスター)
匠ひびき(元花組トップスター)など。
1989年10月、ニューヨーク公演メンバーに選抜される。
1989年、すみれ賞(宝塚歌劇団の新人賞)を受賞する。
1990年1月、「天守に花匂い立つ」の新人公演にて初ヒロインに抜擢される。
1991年2月、「花幻抄/恋騒ぎ/スイート・タイフーン」の千秋楽付けを持ち、宝塚歌劇団を退団。
退団後は、女優として多方面で活動している。

宝塚時代の主な舞台歴
1988年4月、「風と共に去りぬ」(東宝)新人公演:ピーター(本役:文月玲)
1988年12月、「ツーロンの薔薇」(東京特別・名古屋特別・バウ)モニカ
1989年2月、「ムッシュ・ド・巴里/ラ・パッション!」新人公演:ユージェット(本役:小乙女幸)
1989年4月、「イルミネーション・ブラック」(バウ)フィービー
1989年10月、「宝塚ニューヨーク公演・TAKARAZUKA」(ニューヨーク)
1990年1月、「天守に花匂い立つ/ブライト・デュライト・タイム」新人公演:ゆき(本役:鮎ゆうき)*新人公演初ヒロイン
1990年6月、「黄昏色のハーフムーン/パラダイス・トロピカーナ」クリスティーン、新人公演:シルヴィア(本役:鮎ゆうき)
1990年8月、「微笑みをもう一度」(バウ)
1991年2月、「花幻抄/恋騒ぎ/スイート・タイフーン」 *退団公演
1991年4月、「ベルサイユのばら -オスカル・アンドレ編-」(全国ツアー)小公女

退団後の主な活動
舞台
「あしながおじさん」(1992年)
「パリの踊り子たち」(1992年)
「雪姫堂写真館」(1993年)
「古都憂愁」(1994年)
「アルバート」(1994年)
「赤ずきんチャチャ」(1994年、1995年)
「花影の花」(1995年)
「さんだらぽっち」(1995年)
「ナースエンジェルりりかSOS」桑野みゆき(1995年)
「女の一生」(1996年)
「10 & 10 VOL4」(1996年)
「華岡青洲の妻」(1996年)
「ミュージカル サンタのクリスマス」(1996年)
「10 & 10 VOL5」(1997年)
「ミュージカル 少女革命ウテナ」(1997年)
「10 & 10 VOL6」(1998年)
「プロミス・プロミス」(1998年)
「こんなもんやで人生は」(1999年)
「プロミセス・プロミセス」(1999年)
「10 & 10 VOL7」(2000年)
「芝浜夢物語」(2000年)
「コロッケ公演雪之丞七変化」(2001年)
「情炎の歌人・原阿佐緒」(2001年)
「男の花道」(2001年)
「卒塔婆小町」 舞踏詩「雨月」(2002年)
「桜吹雪狸御殿」(2003年、2005年)
「HIBARI」(2003年)
「松井誠 公演」(2003年、2007年)
「ザ・レビューサ・セ・パリ」(2004年、2005年)
大阪新歌舞伎座 「五木ひろし公演」(2005年)
「NewYork~NewYork」(2006年)
「桜合戦狸囃子」(2006年)
「ビューテフル・タカラヅカ」(2006年)
「ラフィエスタラティーナ」(2008年)

テレビドラマ
「逃亡者」(フジテレビ、第10話ゲスト出演、1992年)

声優
「るろうに剣心」
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」本ロリカ(フジテレビ)


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


五峰 亜季いつみね あき


宝塚歌劇団・専科に所属する娘役スター。
大阪府箕面市、雲雀丘学園出身。
身長163cm
愛称は「まゆみ」

来歴
3歳からクラシックバレエを習い、母親の勧めで宝塚音楽学校を受験。
1986年、72期生として宝塚歌劇団に入団。
「レビュー交響楽」で初舞台。同年雪組に配属される。
同期生は、OGでは香寿たつき(元星組トップスター)
紫吹淳(元月組トップスター)真織由季などがいる。
日本舞踊の名取(花柳禄真巳)でもあり、雪組所属時にはダンサーとして頭角を現す。
1989年、1992年のニューヨーク公演、1994年のロンドン公演
2000年のベルリン公演の選抜メンバーに選ばれている。
1992年の「恋人たちの神話」では、同期生の毬丘智美とともに、初ヒロインの大役を果たす。
2002年11月に専科に異動。
本公演では芝居だけでなくショーにも出演することが多い。

主な舞台歴
雪組所属時代 (1986年~2002年)
1988年7月、『たまゆらの記/ダイナモ!』新人公演:瀬田媛(本役:鮎ゆうき)
1990年6月、『黄昏色のハーフムーン/パラダイス・トロピカーナ』新人公演:クリスティーン(本役:五条まい)
1991年8月、『華麗なるギャツビー/ラバーズ・コンチェルト』新人公演:キャサリン(本役:朝霧舞)
1992年5月、『恋人たちの神話』(バウ)星川レイコ *ヒロイン
1992年11月、『忠臣蔵 -花に散り雪に散り-』 おたか
1994年1月、『ライト&シャドウ』(シアタードラマシティ)エミリー
1995年9月、『大上海』(バウ)新城洋子
1996年2月、『エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-』黒天使
1997年9月、『真夜中のゴースト/レ・シェルバン』アネット
1997年12月、『春櫻賦/LET'S JAZZ -踊る五線譜-』真銭金
1998年2月、『ICARUS -薔薇の追憶の果てに-』(バウ・東京特別・名古屋特別)ニコル・フロー
1998年5月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ベル・ワットリング
1998年10月、『凍てついた明日 -ボニー&クライド-』(バウ・東京特別)ネル・コーワン
1999年2月、『浅茅が宿 -秋成夢幻-/ラヴィール』(中日)まろや
1999年4月、『再会/ノバ・ボサ・ノバ』エマニュエル/マダムX
1999年11月、『バッカスと呼ばれた男/華麗なる千拍子 99』アデル
2001年2月、『猛(たけ)き黄金の国 -士魂の商才!岩崎彌太郎の青春-/パッサージュ -硝子の空の記憶-』いね
2001年8月、『凱旋門/パッサージュ -硝子の空の記憶-』(博多座)ケート
2001年10月、『愛燃える -呉王夫差-/Rose Garden』麗妃(れいひ)
2002年5月、『追憶のバルセロナ/ON THE 5th -ヴィレッジからハーレムまで-』アンジェリカ
2002年11月、『再会/華麗なる千拍子2002』(全国ツアー)エマニュエル

専科所属時代 (2002年~)
2003年5月、『雨に唄えば』(星組・日生)ゼルダ・サンダース/ダンサーS
2003年11月、『薔薇の封印 -ヴァンパイヤ・レクイエム-』(月組)カッサンド/ディ・フラッソ男爵夫人
2004年5月、『NAKED CITY』(花組・バウ、東京特別)デーニア・ローザ
2004年10月、『THE LAST PARTY』(宙組、月組・バウ)AKI(シーラ) *翌年、東京特別公演にて再演
2006年1月、『不滅の恋人たちへ』(宙組・バウ)ダグー伯爵夫人マリー
2006年9月、『堕天使の涙/タランテラ!』(雪組)ジュスティーヌ
2007年4月、『NEVER SLEEP』(宙組・バウ、東京特別)キャロリン・ロススタイン
2007年10月、『シルバー・ローズ・クロニクル』(雪組・ドラマシティ、東京特別)ウルスラ・アンブラス
2007年12月、『HOLLYWOOD LOVER』(月組・バウ、東京特別)シーラ・グレアム
2008年5月、『凍てついた明日 -ボニー&クライドの邂逅-』(雪組・バウワークショップ)エンマ・パーカー
2008年12月、『カラマーゾフの兄弟』(雪組・ドラマシティ、東京特別)イワンの幻覚
2009年7月、『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-/REO DE BRAVO!!』(雪組)カテリーナ・コーシュキナ
2010年2月、『HAMLET!!』(月組・バウ、東京特別)ガートルード
2010年5月、『TRAFALGAR-ネルソン、その愛と奇跡-/ファンキー・サンシャイン』(宙組)ジョセフィーヌ
2011年4月、『ニジンスキー〜奇跡の舞神〜』(雪組・バウ、東京特別)タマラ・カルサヴィナ *予定



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。