宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


カテゴリ:娘役・タカラジェンヌ の記事一覧
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



美々 杏里みみ あんり


元宝塚歌劇団月組の娘役。
大阪府大阪市、大阪信愛女学院高校出身。
身長160cm。
愛称は「ちず

来歴
1986年、宝塚音楽学校に入学。
1988年、74期生として宝塚歌劇団に入団。『キス・ミー・ケイト』で初舞台。後に星組に配属される。
同期生は、和央ようか(元宙組トップスター)、森奈みはる(元花組トップ娘役)
麻乃佳世(元月組トップ娘役)、白城あやか(元星組トップ娘役)、渚あき(元星組トップ娘役)などがいる。
1996年、雪組へ組替え。
1998年、宙組へ創設メンバーの一員として組替え。
2000年、月組に組替え。初舞台が花組公演だったことから、専科所属生徒以外で全組公演に出演した。
2005年5月22日、『エリザベート -愛と死の輪舞-』東京公演千秋楽付けをもって宝塚歌劇団を退団。



主な舞台歴
星組所属時代
1991年11月、『紫禁城の落日』新人公演:恒香(本役:木花咲耶)
1992年5月、『白夜伝説』新人公演:リルム/ピクシーの声(本役:出雲綾)/『ワン・ナイト・ミラージュ』
1993年6月、『うたかたの恋』新人公演:エリザベート皇后(本役:高ひづる)/『パパラギ -極彩色のアリア-』
1993年8月、『FILM MAKING』(バウ・東京特別)ゼルダ・フォン・オッペンハイマー
1994年2月、『若き日の唄は忘れじ』新人公演:小柳の女房(本役:出雲綾)/『ジャンプ・オリエント!』
1994年4月、『うたかたの恋』ヴェッツェラ男爵夫人/『パパラギ -極彩色のアリア-』(全国ツアー)
1994年8月、『カサノヴァ・夢のかたみ』新人公演:マリア・テレジア(本役:出雲綾)/『ラ・カンタータ!』
1994年10月、『Sion -愛の祈り-』(バウ・東京特別)ヴィヴィアン
1996年1月、『黄色いハンカチ』(バウ)ビブ・ウォーカー

雪組所属時代
1996年4月、『アリスの招待状 -チェシャ猫ホテルへようこそ-』(バウ)シスターK
1996年10月、『アナジ』(バウ・東京特別)テレザ
1997年5月、『嵐が丘』(バウ)ネリー

宙組所属時代
1998年1月、『夢幻宝寿頌』/『This is TAKARAZUKA!』(香港)
1998年3月、『エクスカリバー』マリアンヌ/『シトラスの風』
1998年6月、『嵐が丘』(東京特別・名古屋特別)ネリー
1998年10月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』リヒテンシュタイン伯爵夫人
1999年4月、『エクスカリバー -美しき騎士たち-』モーガン/『シトラスの風』(全国ツアー)
1999年6月、『激情 -ホセとカルメン-』エステル/『ザ・レビュー 99』
1999年9月、『TEMPEST -吹き抜ける九龍-』(バウ)シーラ・ウォン
2000年6月、『FREEDOM』(バウ・東京特別)イーディス

月組所属時代
2000年9月、『ゼンダの城の虜』アマンダ/『ジャズマニア』
2001年1月、『いますみれ花咲く』/『愛のソナタ』マリー・テレーズ
2001年3月、『プロヴァンスの碧い空』(東京特別)カトリーヌ・ド・サルニイ
2001年5月、『愛のソナタ』マリー・テレーズ/『ESP!!』
2001年7月、『月組エンカレッジ・コンサート』(バウ)
2001年8月、『大海賊 -復讐のカリブ海-』アナ/酒場の女エルザ(2役)/『ジャズマニア』
2001年10月、『血と砂』(バウ・東京特別)フェリシア・ロドリーニョ(ペーペ)
2002年1月、『ガイズ&ドールズ』ミミ
2002年6月、『SLAPSTICK』(バウ)マリア・ドリー
2002年8月、『長い春の果てに』マドレーヌ/『With a song in my Heart -君が歌、わが心に深く-』
2003年2月、『長い春の果てに』マドレーヌ/『With a song in my Heart -君が歌、わが心に深く-』(中日)
2003年4月、『花の宝塚風土記』/『シニョール ドン・ファン』アンドレア
2003年9月、『なみだ橋 えがお橋』(バウ・東京特別)お喜世
2003年11月、『薔薇の封印 -ヴァンパイヤ・レクイエム-』マヤ
2004年4月、『ジャワの踊り子』(バウ・東京特別)ギャビー
2004年6月、『飛鳥夕映え -蘇我入鹿-』小足媛(おたらしひめ)/『タカラヅカ絢爛Ⅱ -灼熱のカリビアンナイト』
2005年2月、『エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-』ゾフィ *退団公演



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーサイト


麻乃 佳世あさの かよ


本名:佐藤 佳子(さとう よしこ)
日本の女優。
元宝塚歌劇団月組娘役トップスター。
聖園女学院中学校・高等学校卒業。
東京都出身。

来歴・人物
涼風真世の熱心なファンだったことから宝塚歌劇を志望、聖園女学院高等学校を卒業後宝塚音楽学校を受験、合格した。
芸名「佳世」の「世」は「真世」からとったものだという。
1988年、宝塚歌劇団に入団。
同期に、森奈みはる、白城あやか(タレント中山秀征夫人)、和央ようか、渚あき、(以上トップ就任順)、汐風幸、初風緑、美郷真也がいる。
同年5月、月組に配属。同年のバウホール公演『サウンド・オブ・ミュージック』『永遠物語』で早くも頭角を現す。
1990年2月、『大いなる遺産』の新人公演で初ヒロイン、4月に『ロミオとジュリエット』でバウホール公演初ヒロインと抜擢される。
本公演でも朝凪鈴(1991年退団)、紫とも(のち雪組娘役トップへ)、羽根知里(1993年退団)、朝吹南(1994年退団)と並ぶ月組の娘役スターとして活躍。

1991年、前年に退団した月組のトップコンビの剣幸とこだま愛の後任として、涼風のトップスター就任と同時に月組トップ娘役に就任。
1993年、涼風の退団に伴い、トップスターに就任した天海祐希の相手役を務める。
1995年、『ミー・アンド・マイガール』の東京公演千秋楽付けで天海と共に宝塚歌劇団を退団。
退団後は、舞台やテレビドラマなどを中心に女優として活動を開始し、2003年には、テレビドラマ『愛の110番』では主演を務めた。

宝塚歌劇団時代の主な舞台
月組所属時代
1988年7月、『永遠物語』(バウ)敏雄(子供時代)
1988年9月、『サウンド・オブ・ミュージック』(バウ)ブリギッタ
1988年11月、『恋と霧笛と銀時計』新人公演:小春/『レインボー・シャワー』
1989年2月、『赤と黒』(バウ・東京特別)エリザ
1989年5月、『新源氏物語』若紫、新人公演:雲井の雁(本役:朝吹南)/『ザ・ドリーマー』
1989年11月、『天使の微笑・悪魔の涙』新人公演:ヘレネ(本役:紫とも)/『レッド・ホット・ラブ』
1990年2月、『大いなる遺産』新人公演:エステラ(本役:こだま愛)/『ザ・モダーン』 *新人公演初ヒロイン
1990年4月、『ロミオとジュリエット』(バウ・東京特別)ジュリエット *バウホール公演初ヒロイン
1990年8月、『川霧の橋』およし、新人公演:お光(本役:こだま愛)/『ル・ポアゾン 愛の媚薬』 *新人公演ヒロイン
1990年10月、『BLUFF』(バウ・東京特別)シャロン *バウホール公演ヒロイン

月組トップ娘役時代
1991年3月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』ディアンヌ
1991年9月、『銀の狼』ミレイユ・デュロック/『ブレイク・ザ・ボーダー』
1992年1月、『珈琲カルナバル』ベアトリス/『夢・フラグランス』
1992年2月、『カウントダウン!』(東京特別・名古屋特別)ヘレン
1992年7月、『PUCK』ハーミア/『メモリーズ・オブ・ユー -懐かしき時代・美しき人々-』
1992年9月、『珈琲カルナバル』ベアトリス/『夢・フラグランス』(全国ツアー)
1993年4月、『グランドホテル』フリーダ・フラムシェン/『BROADWAY BOYS』
1993年5月、『ロスト・エンジェル』(バウ)アンジェラ
1993年9月、『花扇抄 -花姿恋錦絵-』/『扉のこちら』アナベル・カーナビッツ/『ミリオン・ドリームズ』
1993年11月、『夢の10セント銀貨』(バウ・東京特別・名古屋特別)エリー
1994年1月、『風と共に去りぬ』スカーレット・オハラ/スカーレット・オハラⅡ(役替わり)
1994年6月、『エールの残照』ロージー・フィッツジェラルド/『TAKARAZUKA・オーレ』
1994年9月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)スカーレット・オハラ
1994年12月、『LE MISTRAL -鏡の中に消えた男-』(ドラマシティ)シベール
1995年3月、『Beautiful Tomorrow!』(バウ)
1995年4月、『エールの残照』ロージー・フィッツジェラルド/『TAKARAZUKA・オーレ』(全国ツアー)
1995年6月、『ハードボイルドエッグ』ローズマリー/『EXOTICA!』
1995年8月、『ME AND MY GIRL』(宝塚大劇場)サリー
1995年10月、『ある日どこかで』(バウ)エリーズ
1995年11月、『ある日どこかで』(東京特別)エリーズ
1995年11月、『ディナーショー-So Long』(宝塚ホテル)
1995年12月、『ME AND MY GIRL』(東京宝塚劇場)サリー



退団後の主な活動
舞台
シンデレラ
カンパニー〜結婚しない男〜 - エイプリル役
十二夜 -ヴィオラ役
忠臣蔵 -瑤泉院役
冬物語 - パーディタ役
GODSPELL
ジャック・ブレルは今日もパリに生きて歌っている
トラップ一家物語
届かなかった手紙
真夜中のファイル
Mr.PINSTRIPE
ブックショップ
らくだ工務店(2010年)
俳優座音楽劇『わが町』(2011年)
ブロードウェイ・ミュージカル 亜門版『太平洋序曲』(2011年)

テレビドラマ
おごるな上司!(1996年6月-7月、NHK-BS2)
忠臣蔵(1996年10月-12月、フジテレビ系)- 瑤泉院役
あぐり(1997年4月-10月、NHK朝の連続テレビ小説)
天才・神津恭介の殺人推理(1997年6月7日、テレビ朝日系 土曜ワイド劇場)
弁護士芸者のお座敷事件簿Ⅱ(1998年1月26日、TBS系 月曜ドラマスペシャル)
熱血ド演歌分校先生の事件通信簿1(1998年1月30日、フジテレビ系 金曜エンタテイメント)
水戸黄門第26部8話(1998年、TBS系 ナショナル劇場)
隠密奉行朝比奈(1998年7月29日、フジテレビ系)
新選組血風録 (1998年10月29日、テレビ朝日系)- 幾松役
元禄繚乱(1999年1月-12月、NHK 大河ドラマ)
水戸黄門 第27部 第3話「夫婦で織った紙の布 -白石-」(1999年、TBS系 ナショナル劇場)
剣客商売(1999年、フジテレビ系)
水戸黄門第28部16話(2000年、TBS系 ナショナル劇場)
柳橋慕情(2000年8月-12月、NHK 時代劇ロマン)
水戸黄門第29部19話(2001年、TBS系 ナショナル劇場)
旗本退屈男(2001年7月13日、フジテレビ系)
天才・神津恭介の殺人推理(2002年6月15日、テレビ朝日系 土曜ワイド劇場)
西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進6(2002年10月7日、TBS系 月曜ミステリー劇場)
愛の110番(2003年3月-5月、CBC=TBS系 ドラマ30)-主演・橋本愛役
子連れ狼 第2シリーズ 18話(2003年12月8日、テレビ朝日系)
八丁堀の七人10話(2004年3月8日、テレビ朝日系)
京都食い道楽!古本屋探偵ミステリー2(2004年5月28日、フジテレビ系 金曜エンタテイメント)
検事沢木正夫2(2006年6月25日、TBS、月曜ゴールデン)
逃亡者おりん2話(2006年10月27日、テレビ東京系)
徳川風雲録 八代将軍吉宗(2008年1月2日、テレビ東京系 新春ワイド時代劇)
京都殺人案内31(2008年7月19日、テレビ朝日系 土曜ワイド劇場)
新・警視庁捜査一課9係(2009年7月15日、テレビ朝日系)
江~姫たちの戦国~(2010年、NHK大河ドラマ)築山殿役


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



瑠菜まりるなまり

女優、元宝塚歌劇団月組の娘役。
神奈川県横浜市、大綱中学出身。
身長159cm。愛称は、びすこ、びす。

略歴
1988年、宝塚音楽学校に入学。
1990年、76期生として宝塚歌劇団に入団。花組「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台。
後に月組に配属される。
同期生は、OGでは彩輝直(元月組トップスター、現・彩輝なお)、純名里沙(元花組トップ娘役)、風花舞(元月組トップ娘役)、月影瞳(元雪組トップ娘役)、星奈優里(元星組トップ娘役)、樹里咲穂(元専科スター)など。
現役では寿つかさ(宙組組長)などがいる。

小柄ながら、主にショーでダンサーとして活躍し、1992年のニューヨーク公演メンバーに選抜される。
1997年11月27日、『EL・DRADO』の千秋楽付けをもち宝塚歌劇団を退団。
退団後は、宝塚OGの舞台を中心に活動をしている。

宝塚時代の主な舞台歴
1991年3月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』新人公演:少年時代のオスカル(本役:花丘美幸)
1992年11月、『TAKARAZUKA“夢”』(ニューヨーク)
1993年9月、『花扇抄 -花姿恋錦絵-/扉のこちら/ミリオン・ドリームズ』新人公演:フランス人形S(本役:風花舞)
1994年7月、『花扇抄 -花姿恋錦絵-/扉のこちら/ミリオン・ドリームズ』(ロンドン)
1994年11月、『エールの残照/TAKARAZUKA・オーレ!』シャノン
1994年12月、『LE MISTRAL -鏡の中に消えた男-』(シアタードラマシティ)鏡の精プティ
1995年3月、『Beautiful Tommorow』(バウ)
1995年4月、『結末のかなた』(バウ・東京特別・名古屋特別)小林少年
1995年6月、『ハードボイルド・エッグ/EXOTICA!』新人公演:ステイシー(本役:山吹紗世)
1995年8月、『ME AND MY GIRL』新人公演:ランベス・クイーン(本役:山吹紗世)
1996年9月、『チェーザレ・ボルジア -野望の軌跡-/プレスティージュ』新人公演:アンヌ(本役:夏妃真美)
1996年12月、『バロンの末裔/グランド・ベル・フォリー』新人公演:レイチェル(本役:那津乃咲)
1997年6月、『EL・DRADO』ミカエラ
1997年9月、『チェーザレ・ボルジア -野望の軌跡-/プレスティージュ』(全国ツアー)アンヌ

退団後の主な活動
舞台
『PLAYZONE2004「WEST SIDE STORY」』(2004年7月、東京/大阪)クラリス
『魔界転生』(2004年9月、新橋演舞場)
『My Mirage Ⅱ』(2004年10月、東京厚生年金会館)
『ラ・フィエスタ「ラ・ティーナ」』(2008年1月、立川 他)
『愛と青春の宝塚』(2008年12月、新宿コマ劇場 他)
『レザネ・フォール~愛と幻想の巴里~』(2009年11月、東京/大阪 他)
『愛と青春の宝塚』(2011年2月、青山劇場 他)[1]
『DREAM FOREVER』(2011年10月、日本青年館、シアタードラマシティ 他) 
ドラマ
『愛と青春の宝塚』(2002年1月、フジテレビ)穂高昇




OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。