宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


カテゴリ:◇宝塚歌劇団 月組(卒業生含む) の記事一覧
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



美々 杏里みみ あんり


元宝塚歌劇団月組の娘役。
大阪府大阪市、大阪信愛女学院高校出身。
身長160cm。
愛称は「ちず

来歴
1986年、宝塚音楽学校に入学。
1988年、74期生として宝塚歌劇団に入団。『キス・ミー・ケイト』で初舞台。後に星組に配属される。
同期生は、和央ようか(元宙組トップスター)、森奈みはる(元花組トップ娘役)
麻乃佳世(元月組トップ娘役)、白城あやか(元星組トップ娘役)、渚あき(元星組トップ娘役)などがいる。
1996年、雪組へ組替え。
1998年、宙組へ創設メンバーの一員として組替え。
2000年、月組に組替え。初舞台が花組公演だったことから、専科所属生徒以外で全組公演に出演した。
2005年5月22日、『エリザベート -愛と死の輪舞-』東京公演千秋楽付けをもって宝塚歌劇団を退団。



主な舞台歴
星組所属時代
1991年11月、『紫禁城の落日』新人公演:恒香(本役:木花咲耶)
1992年5月、『白夜伝説』新人公演:リルム/ピクシーの声(本役:出雲綾)/『ワン・ナイト・ミラージュ』
1993年6月、『うたかたの恋』新人公演:エリザベート皇后(本役:高ひづる)/『パパラギ -極彩色のアリア-』
1993年8月、『FILM MAKING』(バウ・東京特別)ゼルダ・フォン・オッペンハイマー
1994年2月、『若き日の唄は忘れじ』新人公演:小柳の女房(本役:出雲綾)/『ジャンプ・オリエント!』
1994年4月、『うたかたの恋』ヴェッツェラ男爵夫人/『パパラギ -極彩色のアリア-』(全国ツアー)
1994年8月、『カサノヴァ・夢のかたみ』新人公演:マリア・テレジア(本役:出雲綾)/『ラ・カンタータ!』
1994年10月、『Sion -愛の祈り-』(バウ・東京特別)ヴィヴィアン
1996年1月、『黄色いハンカチ』(バウ)ビブ・ウォーカー

雪組所属時代
1996年4月、『アリスの招待状 -チェシャ猫ホテルへようこそ-』(バウ)シスターK
1996年10月、『アナジ』(バウ・東京特別)テレザ
1997年5月、『嵐が丘』(バウ)ネリー

宙組所属時代
1998年1月、『夢幻宝寿頌』/『This is TAKARAZUKA!』(香港)
1998年3月、『エクスカリバー』マリアンヌ/『シトラスの風』
1998年6月、『嵐が丘』(東京特別・名古屋特別)ネリー
1998年10月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』リヒテンシュタイン伯爵夫人
1999年4月、『エクスカリバー -美しき騎士たち-』モーガン/『シトラスの風』(全国ツアー)
1999年6月、『激情 -ホセとカルメン-』エステル/『ザ・レビュー 99』
1999年9月、『TEMPEST -吹き抜ける九龍-』(バウ)シーラ・ウォン
2000年6月、『FREEDOM』(バウ・東京特別)イーディス

月組所属時代
2000年9月、『ゼンダの城の虜』アマンダ/『ジャズマニア』
2001年1月、『いますみれ花咲く』/『愛のソナタ』マリー・テレーズ
2001年3月、『プロヴァンスの碧い空』(東京特別)カトリーヌ・ド・サルニイ
2001年5月、『愛のソナタ』マリー・テレーズ/『ESP!!』
2001年7月、『月組エンカレッジ・コンサート』(バウ)
2001年8月、『大海賊 -復讐のカリブ海-』アナ/酒場の女エルザ(2役)/『ジャズマニア』
2001年10月、『血と砂』(バウ・東京特別)フェリシア・ロドリーニョ(ペーペ)
2002年1月、『ガイズ&ドールズ』ミミ
2002年6月、『SLAPSTICK』(バウ)マリア・ドリー
2002年8月、『長い春の果てに』マドレーヌ/『With a song in my Heart -君が歌、わが心に深く-』
2003年2月、『長い春の果てに』マドレーヌ/『With a song in my Heart -君が歌、わが心に深く-』(中日)
2003年4月、『花の宝塚風土記』/『シニョール ドン・ファン』アンドレア
2003年9月、『なみだ橋 えがお橋』(バウ・東京特別)お喜世
2003年11月、『薔薇の封印 -ヴァンパイヤ・レクイエム-』マヤ
2004年4月、『ジャワの踊り子』(バウ・東京特別)ギャビー
2004年6月、『飛鳥夕映え -蘇我入鹿-』小足媛(おたらしひめ)/『タカラヅカ絢爛Ⅱ -灼熱のカリビアンナイト』
2005年2月、『エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-』ゾフィ *退団公演



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーサイト


麻乃 佳世あさの かよ


本名:佐藤 佳子(さとう よしこ)
日本の女優。
元宝塚歌劇団月組娘役トップスター。
聖園女学院中学校・高等学校卒業。
東京都出身。

来歴・人物
涼風真世の熱心なファンだったことから宝塚歌劇を志望、聖園女学院高等学校を卒業後宝塚音楽学校を受験、合格した。
芸名「佳世」の「世」は「真世」からとったものだという。
1988年、宝塚歌劇団に入団。
同期に、森奈みはる、白城あやか(タレント中山秀征夫人)、和央ようか、渚あき、(以上トップ就任順)、汐風幸、初風緑、美郷真也がいる。
同年5月、月組に配属。同年のバウホール公演『サウンド・オブ・ミュージック』『永遠物語』で早くも頭角を現す。
1990年2月、『大いなる遺産』の新人公演で初ヒロイン、4月に『ロミオとジュリエット』でバウホール公演初ヒロインと抜擢される。
本公演でも朝凪鈴(1991年退団)、紫とも(のち雪組娘役トップへ)、羽根知里(1993年退団)、朝吹南(1994年退団)と並ぶ月組の娘役スターとして活躍。

1991年、前年に退団した月組のトップコンビの剣幸とこだま愛の後任として、涼風のトップスター就任と同時に月組トップ娘役に就任。
1993年、涼風の退団に伴い、トップスターに就任した天海祐希の相手役を務める。
1995年、『ミー・アンド・マイガール』の東京公演千秋楽付けで天海と共に宝塚歌劇団を退団。
退団後は、舞台やテレビドラマなどを中心に女優として活動を開始し、2003年には、テレビドラマ『愛の110番』では主演を務めた。

宝塚歌劇団時代の主な舞台
月組所属時代
1988年7月、『永遠物語』(バウ)敏雄(子供時代)
1988年9月、『サウンド・オブ・ミュージック』(バウ)ブリギッタ
1988年11月、『恋と霧笛と銀時計』新人公演:小春/『レインボー・シャワー』
1989年2月、『赤と黒』(バウ・東京特別)エリザ
1989年5月、『新源氏物語』若紫、新人公演:雲井の雁(本役:朝吹南)/『ザ・ドリーマー』
1989年11月、『天使の微笑・悪魔の涙』新人公演:ヘレネ(本役:紫とも)/『レッド・ホット・ラブ』
1990年2月、『大いなる遺産』新人公演:エステラ(本役:こだま愛)/『ザ・モダーン』 *新人公演初ヒロイン
1990年4月、『ロミオとジュリエット』(バウ・東京特別)ジュリエット *バウホール公演初ヒロイン
1990年8月、『川霧の橋』およし、新人公演:お光(本役:こだま愛)/『ル・ポアゾン 愛の媚薬』 *新人公演ヒロイン
1990年10月、『BLUFF』(バウ・東京特別)シャロン *バウホール公演ヒロイン

月組トップ娘役時代
1991年3月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』ディアンヌ
1991年9月、『銀の狼』ミレイユ・デュロック/『ブレイク・ザ・ボーダー』
1992年1月、『珈琲カルナバル』ベアトリス/『夢・フラグランス』
1992年2月、『カウントダウン!』(東京特別・名古屋特別)ヘレン
1992年7月、『PUCK』ハーミア/『メモリーズ・オブ・ユー -懐かしき時代・美しき人々-』
1992年9月、『珈琲カルナバル』ベアトリス/『夢・フラグランス』(全国ツアー)
1993年4月、『グランドホテル』フリーダ・フラムシェン/『BROADWAY BOYS』
1993年5月、『ロスト・エンジェル』(バウ)アンジェラ
1993年9月、『花扇抄 -花姿恋錦絵-』/『扉のこちら』アナベル・カーナビッツ/『ミリオン・ドリームズ』
1993年11月、『夢の10セント銀貨』(バウ・東京特別・名古屋特別)エリー
1994年1月、『風と共に去りぬ』スカーレット・オハラ/スカーレット・オハラⅡ(役替わり)
1994年6月、『エールの残照』ロージー・フィッツジェラルド/『TAKARAZUKA・オーレ』
1994年9月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)スカーレット・オハラ
1994年12月、『LE MISTRAL -鏡の中に消えた男-』(ドラマシティ)シベール
1995年3月、『Beautiful Tomorrow!』(バウ)
1995年4月、『エールの残照』ロージー・フィッツジェラルド/『TAKARAZUKA・オーレ』(全国ツアー)
1995年6月、『ハードボイルドエッグ』ローズマリー/『EXOTICA!』
1995年8月、『ME AND MY GIRL』(宝塚大劇場)サリー
1995年10月、『ある日どこかで』(バウ)エリーズ
1995年11月、『ある日どこかで』(東京特別)エリーズ
1995年11月、『ディナーショー-So Long』(宝塚ホテル)
1995年12月、『ME AND MY GIRL』(東京宝塚劇場)サリー



退団後の主な活動
舞台
シンデレラ
カンパニー〜結婚しない男〜 - エイプリル役
十二夜 -ヴィオラ役
忠臣蔵 -瑤泉院役
冬物語 - パーディタ役
GODSPELL
ジャック・ブレルは今日もパリに生きて歌っている
トラップ一家物語
届かなかった手紙
真夜中のファイル
Mr.PINSTRIPE
ブックショップ
らくだ工務店(2010年)
俳優座音楽劇『わが町』(2011年)
ブロードウェイ・ミュージカル 亜門版『太平洋序曲』(2011年)

テレビドラマ
おごるな上司!(1996年6月-7月、NHK-BS2)
忠臣蔵(1996年10月-12月、フジテレビ系)- 瑤泉院役
あぐり(1997年4月-10月、NHK朝の連続テレビ小説)
天才・神津恭介の殺人推理(1997年6月7日、テレビ朝日系 土曜ワイド劇場)
弁護士芸者のお座敷事件簿Ⅱ(1998年1月26日、TBS系 月曜ドラマスペシャル)
熱血ド演歌分校先生の事件通信簿1(1998年1月30日、フジテレビ系 金曜エンタテイメント)
水戸黄門第26部8話(1998年、TBS系 ナショナル劇場)
隠密奉行朝比奈(1998年7月29日、フジテレビ系)
新選組血風録 (1998年10月29日、テレビ朝日系)- 幾松役
元禄繚乱(1999年1月-12月、NHK 大河ドラマ)
水戸黄門 第27部 第3話「夫婦で織った紙の布 -白石-」(1999年、TBS系 ナショナル劇場)
剣客商売(1999年、フジテレビ系)
水戸黄門第28部16話(2000年、TBS系 ナショナル劇場)
柳橋慕情(2000年8月-12月、NHK 時代劇ロマン)
水戸黄門第29部19話(2001年、TBS系 ナショナル劇場)
旗本退屈男(2001年7月13日、フジテレビ系)
天才・神津恭介の殺人推理(2002年6月15日、テレビ朝日系 土曜ワイド劇場)
西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進6(2002年10月7日、TBS系 月曜ミステリー劇場)
愛の110番(2003年3月-5月、CBC=TBS系 ドラマ30)-主演・橋本愛役
子連れ狼 第2シリーズ 18話(2003年12月8日、テレビ朝日系)
八丁堀の七人10話(2004年3月8日、テレビ朝日系)
京都食い道楽!古本屋探偵ミステリー2(2004年5月28日、フジテレビ系 金曜エンタテイメント)
検事沢木正夫2(2006年6月25日、TBS、月曜ゴールデン)
逃亡者おりん2話(2006年10月27日、テレビ東京系)
徳川風雲録 八代将軍吉宗(2008年1月2日、テレビ東京系 新春ワイド時代劇)
京都殺人案内31(2008年7月19日、テレビ朝日系 土曜ワイド劇場)
新・警視庁捜査一課9係(2009年7月15日、テレビ朝日系)
江~姫たちの戦国~(2010年、NHK大河ドラマ)築山殿役


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



退団後の出演作品

テレビドラマ
金曜エンタテイメント 橋の雨(1996年7月19日、フジテレビ) - 江坂衣津子 役
ドラマ新銀河 家族注意報!(1996年8月5日 - 8月29日、NHK) - 川田歩 役
シングルス(1997年10月14日 - 12月16日、フジテレビ) - 主演・小野寺あさひ 役
金曜エンタテイメント 左手に告げるなかれ(1997年12月12日、フジテレビ) - 八木薔子 役
石光真清の生涯(1998年) - お花
デジドラ「ワンシーン」レンタルビデオショップ編(1998年) - 祐希 役
新選組血風録(1998年) - お清 役
殴る女(1998年、フジテレビ) - 立花蓉子 役
七曲署捜査一係'98(1998年、日本テレビ) - 菊地久子 役
素敵にライバル(1999年) - 尾形陽子 役
恋愛詐欺師第一話(1999年、テレビ朝日) - 篠原裕美 役
蒼天の夢〜松蔭と晋作・新世紀への挑戦〜(2000年) - 高須久子 役
女検死官(2000年7月21日、フジテレビ) - 頼口涼子 役
柔らかな頬(2001年) - 森脇カスミ 役
歌恋温泉へようこそ(2001年) - 幸子 役
凍える牙(2001年) - 音道貴子 役
Fighting Girl(2001年、フジテレビ) - 三井祥子 役
水曜日の情事(2001年、フジテレビ) - 佐倉あい 役
大河ドラマ 利家とまつ〜加賀百万石物語〜(2002年、NHK) - はる 役
東京物語(2002年) - カメラマン 役
あした吹く風(2002年) - 猪熊鈴子 役
薔薇の十字架(2002年、フジテレビ) - 高畑暁 役
楽園のつくりかた(2003年、NHK) - 星野涼子 役
流転の王妃・最後の皇弟(2003年、テレビ朝日) - 李香蘭 役
天国への応援歌 チアーズ〜チアリーディングにかけた青春〜(2004年、日本テレビ) - 中尾静江 役
ロックド・イン症候群(2004年) - 田島いずみ 役
離婚弁護士(2004年、フジテレビ) - 主演・間宮貴子 役
離婚弁護士スペシャル(2005年、フジテレビ) - 主演・間宮貴子 役
離婚弁護士II〜ハンサムウーマン〜(2005年、フジテレビ) - 主演・間宮貴子 役
ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏(2004年、日本テレビ) - 主演・平木明日香 役
女王の教室(2005年、日本テレビ) - 主演・阿久津真矢 役
女王の教室スペシャル(2006年、日本テレビ) - 主演・阿久津真矢 役
女の一代記(2005年、フジテレビ) - 主演・越路吹雪 役
危険なアネキ 第8話(2005年、フジテレビ) - 間宮貴子 役
焼酎の試飲のシーンに、ドラマ『離婚弁護士』の役柄で登場。
キッチン・ウォーズ(2006年2月25日、フジテレビ) - 主演・香坂真琴 役
トップキャスター(2006年4月 - 6月、フジテレビ) - 主演・椿木春香 役
マグロ(2007年1月4日・5日、テレビ朝日) - 坂崎夏海 役
演歌の女王(2007年1月 - 3月、日本テレビ) - 主演・大河内ひまわり 役
Around40〜注文の多いオンナたち〜(2008年4月-6月、TBS)-主演・緒方聡子 役
BOSS(2009年4月 - 6月、フジテレビ) - 主演・大澤絵里子 役
BOSS 2ndシーズン(2011年4月 - 6月、フジテレビ) - 主演・大澤絵里子 役
不毛地帯(2009年10月 -2010年3月、フジテレビ) - 浜中紅子 役
わが家の歴史 (2010年4月9日・10日・11日、フジテレビ開局50周年企画) - 鬼塚千晶 役
GOLD(2010年7月 - 9月、フジテレビ) - 主演・早乙女悠里 役

テレビ番組
第46回NHK紅白歌合戦(1995年、NHK) - 審査員
第52回NHK紅白歌合戦(2001年、NHK) - 審査員

映画
クリスマス黙示録(1996年) - 杉村葉子 役
MISTY(原作:藪の中)(1997年) - 真砂 役
必殺! 三味線屋・勇次(1999年) - おとよ 役
残侠(1999年) - 志垣市子 役
プリンス・オブ・エジプト(1999年) - ツィッポラ(声) 役
黒の天使vol.2(1999年) - 魔世 役
狗神(2001年) - 坊之宮美希 役
連弾(2001年) - 佐々木美奈子 役
柔らかな頬(2001年、デジタルハイビジョン上映) - 森脇カスミ 役
千年の恋 ひかる源氏物語(2001年) - 光源氏 役
突入せよ! あさま山荘事件(2002年) - 佐々幸子 役
うつつ-UTUTU-(2002年) - 傘の女 役
ござまれじ(2003年) - 竹村ゆり 役
世界の中心で、愛をさけぶ(2004年) - 朔太郎(現代)の上司 役
いぬのえいが(2005年) - 美春 役
バッテリー(2007年) - 原田真紀子 役
サウスバウンド(2007年) - 上原さくら 役
ザ・マジックアワー(2008年)-喪服の女 役
崖の上のポニョ(2008年、声優として参加) - ポニョの母・グランマンマーレ 役
ゼラチンシルバーLOVE(2009年)
旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ(2009年)
アマルフィ 女神の報酬(2009年) - 矢上紗江子 役
カイジ 人生逆転ゲーム(2009年) - 遠藤凛子 役

舞台
マヌエラ〜燃える上海 恋する女〜(1999年) - マヌエラ(永末妙子) 役
天海祐希のピエタ(1999年) - 永井友子 役
パンドラの鐘(1999年) - ヒメ女 役
オケピ!〜The Orchestra Pit〜(2003年) - ハープ(如月さん) 役
阿修羅城の瞳 BLOOD GETS IN YOUR EYES(2003年) - 闇のつばき / 阿修羅 役
テイクフライト(2007年) - アメリア・エアハート 役
薔薇とサムライ(2010年) - アンヌ・ザ・トルネード 役

ラジオ
文化放送スペシャル サヨナラ天海祐希、そして新たなる出発(たびだち)(文化放送)- 1995年12月29日
つかちゃん・のりこのGO!GO!ヒットパラダイス あなたが選ぶ 感動スター大賞・天海祐希スペシャル(ニッポン放送) - 1996年8月20日
私の朝(TOKYO FM)- 1997年7月13日(パーソナリティ)
TOKYO CONCIERGE(J-WAVE)- 2003年4月6日 - 9月21日(ナビゲーター)

ゲーム
ALIVE(1998年) - カミヤ・リナ 役

CM
宝塚時代
阪急電車(当時、阪急ブレーブスの星野伸之投手と共演)
東京ガス
UCC レイスビーホール
退団後
UCC UCCブラック・無糖
資生堂 UVwhite
武田薬品工業 アリナミンDYNAMIC
月桂冠
花王 ソフィーナ
NTT西日本
旭松食品
片岡物産 トワイニング 2003年
アリコジャパン
三菱地所 THE RIVER PLACE
日本和装
アサヒ飲料 十六茶
レリアン
日本ハム 美ノ国
東洋ゴム TRAMPATH MP4 PROXES C1S 
積水ハウス シャーウッド
東芝 ecoスタイル
サントリー DAKARA
ワーナーミュージック・ジャパン Superfly My Best Of My Life(ナレーション)
英会話のイーオン
書籍

宝塚時代写真集
フォーサム臨時増刊 「天海祐希写真集 CIEL」(1994年2月1日、宝塚歌劇団)
宝塚ムック 「天海祐希サヨナラ写真集」(1995年9月14日、宝塚歌劇団)
報知グラフ '95-NO.5 12月号 宝塚ファンタジーVOL.3 SP 「アデュー天海祐希」(1995年12月10日、報知新聞社)
エッセイ
「ユウキ欲しい!?」天海祐希・著(1994年4月1日、東宝株式会社) ISBN 978-4-924609-48-8
「明日吹く風のために……」天海祐希・著(1995年11月22日、講談社) ISBN 978-4-06-256524-0
詩集
「笑顔の引力」天海祐希・著(1994年11月18日、東宝株式会社) ISBN 978-4-924609-50-1
宝塚退団後
写真集・エッセイ
「香港的天海祐希」(1997年7月14日、集英社)
講談社+α文庫 「明日吹く風のためにもっと遠くへ」(2001年10月20日、講談社)
「天海祐希/光源氏」(2001年11月7日、角川書店)
フォト&エッセイ 「天海祐希 クリスマス黙示録」(1996年11月10日、ワニブックス)

PV
竹内まりや 「幸せのものさし」(ワーナーミュージック・ジャパン)

受賞歴
1996年
第33回ゴールデン・アロー賞 演劇賞
第12回浅草芸能大賞 奨励賞
1997年
日本アカデミー賞 第20回 新人賞(『クリスマス黙示録』)
1998年
1999年度E-ライン・ビューティフル大賞
1999年
1999年度 第3回日刊スポーツドラマグランプリ(7月 - 9月期)主演女優賞(NHK『素敵にライバル』 - 尾形陽子 役)
2001年
第34回シッチェス・カタロニア国際映画祭 最優秀女優賞(『狗神』 - 坊之宮美希 役)
第14回日刊スポーツ映画大賞 助演女優賞(『連弾』 - 佐々木美奈子 役)
2002年
2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ(10月 - 12月期)助演女優賞(フジテレビ系『水曜日の情事』 - 佐倉あい 役)
第23回ヨコハマ映画祭 主演女優賞(『狗神』 - 坊之宮美希 役 / 『連弾』 - 佐々木美奈子 役)
ブルーリボン賞 第44回 主演女優賞(『狗神』 - 坊之宮美希 役 / 『連弾』 - 佐々木美奈子 役 / 『千年の恋 ひかる 源氏物語』 - 光源氏 役)
2001年ニフティ映画大賞 主演女優賞 (『狗神』 - 坊之宮美希 役 / 『連弾』 - 佐々木美奈子 役)
第25回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(『千年の恋 ひかる源氏物語』 - 光源氏 役)
2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ(1月 - 3月期)助演女優賞(NHK『利家とまつ』 - 佐々成政・正室 はる役)
2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 助演女優賞(フジテレビ系『水曜日の情事』 - 佐倉あい 役、『利家とまつ』 - 佐々成政・正室 はる 役) 第3位に入賞。
2004年
2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役)
第41回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役)
2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ(7月 - 9月期)主演女優賞(日本テレビ系『ラストプレゼント』 - 平木明日香 役)
第42回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 主演女優賞(日本テレビ系『ラストプレゼント』 - 平木明日香 役)
2005年
第16回日本ジュエリーベストドレッサー賞ジュエリーベストドレッサー賞(30代部門)
2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 主演女優賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役)
『ラストプレゼント』平木明日香役で第3位にも入賞
第46回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 主演女優賞(日本テレビ系『女王の教室』 - 阿久津真矢 役)
2006年
2005年度 第9回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ主演女優賞(日本テレビ系『女王の教室』 - 阿久津真矢 役)
第32回放送文化基金賞番組部門・個別分野 出演者賞(日本テレビ系『女王の教室』第1回、最終回の演技)
第43回ギャラクシー賞 個人賞(日本テレビ系『女王の教室』、フジテレビ系『離婚弁護士II』『越路吹雪 愛の生涯』『キッチンウォーズ』の演技)
月刊TVnavi 4月 - 6月期 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2006 最優秀主演女優賞(フジテレビ系『トップキャスター』 - 椿木春香 役)
2008年
2008年度 第12回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(TBS系『Around 40』 - 緒方聡子 役)
2008年流行語大賞「アラフォー」
自身の主演したドラマによって、40歳代の前後の人に対する呼称が広まった。
2009年
第61回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
2009年度 第13回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
月刊TVnavi 4月 - 6月期 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2009 最優秀主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
第1回TSUTAYA onlineドラマアワード 2009年春(4月~6月)主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
第2回「東京ドラマアウォード」主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
2010年
TV LIFE 第19回年間ドラマ大賞2009 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
第6回TVnavi2009年間大賞 最優秀主演女優賞 (フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
第18回橋田賞 受賞
2009年度 第13回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
2011年
2010年勝手に演劇大賞 最優秀女優賞(薔薇とサムライ - 女海賊・アンヌ・ザ・トルネード役)

各種好感度調査の上位入賞歴
「新入社員から見た女性上司の理想像」調査において、
産業能率大学が行った調査で2006年に2位、2007年に5位、2008年に4位、2009年に3位、2010年に1位。
明治安田生命が行った調査で2010年に第1位。
KIRIN「お酒と生活文化研究所」の「会社(職場)の人とのお酒の飲み方に関する意識調査」で、「一緒にお酒を飲みたい女性上司の理想像」のベスト10に2006年・2007年の2年連続で選ばれた。2009年は女性上司部門・女性同僚部門で第1位。
大垣共立銀行が取引先新入社員(取引先対象の新入社員研修参加者)に対して行った「新入社員から見た上司の理想像」調査で2009年・2010年と二年連続で総合ベスト10入り。
オリコンランキングの「女性が選ぶいい女ランキング」で、2009年・2010年・2011年に第1位。

~天海祐希 エピソード 其の一へ~  ~天海祐希 トップスター時代 其の弐へ~




OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。