宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


カテゴリ:◇宝塚歌劇団 花組(卒業生含む) の記事一覧
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



AYAKOあやこ

振付家
元宝塚歌劇団花組の男役
宝塚歌劇団在団中の芸名は宝樹彩(たからぎ あや)
愛称は「あや・あやこ
神奈川県横浜市、県立野庭高校出身
身長は165cm。
姉は元宝塚歌劇団花組男役の宝樹芽里

略歴
1987年、宝塚音楽学校に入学。
1989年、75期生として宝塚歌劇団に入団。
星組公演『春の踊り-恋の花歌舞伎-/ディガ・ディガ・ドゥ』で初舞台。
後に雪組に配属される。
1992年にニューヨーク・ジョイスシアター公演、1994年のロンドン公演と2度の海外公演メンバーに抜擢される。
1996年、花組に組替え。
1997年12月26日、『ザッツ・レビュー』の東京公演千秋楽付けをもって、宝塚歌劇団を退団。
退団後、ニューヨークでダンス修業。
その後、振付家として活動している。

宝塚歌劇団での主な舞台
雪組所属時代
1990年6月、『黄昏色のハーフムーン/パラダイス・トロピカーナ』新人公演:アラン(本役:和央ようか)
1992年3月、『この恋は雲の涯まで』新人公演:亀井六郎(本役:轟悠)
1992年11月、『TAKARAZUKA“夢”』(ニューヨーク・ジョイスシアター)
1993年5月、『天国と地獄 -オッフェンバック物語-/TAKE OFF』新人公演:ダグラス(本役:海峡ひろき)
1994年1月、『ライト&シャドウ』(シアタードラマシティ)ラティマー
1994年7月、『花扇抄/扉はこちら/ミリオン・ドリームズ』(ロンドン・コロシアム劇場)
1994年9月、『風に吹かれて』(バウ)ヤン
1994年11月、『雪之丞変化/サジタリウス』新人公演:広海屋(本役:飛鳥裕)
1995年5月、『JFK/バロック千一夜』新人公演:ジョー(本役:多彩しゅん)
1995年9月、『グッバイ・メリーゴーランド』(シアタードラマシティ)デビッド
1996年2月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』黒天使
1996年4月、『あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール』(全国ツアー)八坂部連倉目

花組所属時代
1996年12月、『香港夜想曲』(バウ)フォン
1997年2月、『失われた楽園 -ハリウッド・バビロン-/サザンクロス・レビュー』ダニー
1997年4月、『君に恋してラビリンス!』(バウ)セルジオ
1997年8月、『ザッツ・レビュー』又吉 *退団公演
1997年10月、『ブルー・スワン』(バウ・東京特別・名古屋特別)アンドレ

振付家としての活動
舞台
Switch(宝塚バウホール)
薔薇の封印
テレビドラマ
ドールハウス


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーサイト


森奈みはるもりな みはる


本名:田鎖みはる(たぶせ みはる)
埼玉県川越市出身の女優。
所属事務所は、オーレ・エンターテイメント。
元宝塚歌劇団花組トップ娘役
堀越高等学校卒業


略歴
宝塚歌劇団卒業生(41期生)の武蔵野裕美の長女として出生。
高校在学中にタレントとして活動。高校の同級生には本田美奈子.、南野陽子、岡田有希子、長山洋子などがいた。

1986年、高校卒業後、宝塚歌劇団出身である母の薦めで宝塚音楽学校に入学。74期生。
1988年、宝塚歌劇団入団。『キス・ミー・ケイト』で初舞台、花組に配属。
同期には和央ようか・麻乃佳世・白城あやか・渚あきら。早々から注目を集める娘役スターとなる。

1992年、安寿ミラの相手役として娘役トップスターに就任。
『心の旅路/ファンシー・タッチ』、『ブラック・ジャック 危険な賭け/火の鳥』などの代表作を残す。
1995年、『哀しみのコルドバ/メガ・ヴィジョン』を最後に安寿と共に退団。以後、ミュージカルや舞台などで活躍。

在団当時、同時期に娘役トップを務めた麻乃(月組)・白城(星組)と共に「74期3人娘」と称された。
当時は相手男役の安寿ミラとの相性が取り沙汰されたが、男役至上の宝塚にあって、星組の白城あやかと共に娘役のファンを獲得を成し得た数少ない娘役であった。
また、抜群の歌唱力により、トップでありながら大階段のエトワールもこなした。
彼女にあこがれて入った生徒も多く、紺野まひるもその一人である。
現在は、舞台やテレビなどで活躍中。



宝塚時代の舞台
1988年3~5月、「キス・ミー・ケイト」*初舞台
1990年9〜11月、「秋…冬への前奏曲」ハンナ/新人公演:ナディア(本役:ひびき美都)*新人公演初ヒロイン
1991年1〜4月、「春の風を君に」新人公演(東京):柳緋玉(本役:ひびき美都)
1991年6〜11月、「ヴェネチアの紋章/ジャンクション24」ヴェロニカ/新人公演:オリンピア(本役:香坂千晶)
1991年8月、バウホール公演「ディーン」ピア・アンジェリ

花組娘役トップ時代
1992年2〜6月、「百扇花集/スパルタカス」ルシア *トップ披露公演
1992年8〜12月、「心の旅路/ファンシータッチ」ポーラ
1993年2〜6月、「メランコリック・ジゴロ/ラ・ノーバ!」フェリシア
1993年8〜12月、「ベイ・シティ・ブルース/イッツ・ア・ラブストーリー」オリヴィア
1994年3〜7月、「ブラック・ジャック 危険な賭け / 火の鳥」アイリス/如月恵(二役)
1994年5〜6月、日本青年館他公演「たけくらべ」美登利
1994年9〜11月、「冬の嵐、ペテルブルグに死す / ハイパー・ステージ!」リザヴェータ
1995年1〜4月、「哀しみのコルドバ / メガ・ヴィジョン」エバ・シルベストル *退団公演
1月17日の阪神淡路大震災により以降の大劇場公演は全日程中止。
1995年5月、「安寿ミラ 宝塚大劇場さよならショー」
さよならショーのみが星組公演後に上演され、これをもって退団。

宝塚退団後の出演作
テレビ
スペシャルドラマ夢をかなえるゾウ(男の成功篇)(2008年10月2日、読売テレビ)
水戸黄門・第39部 第8話「唄を土産に里帰り!-博多-」(2008年12月1日、TBS)
いい旅・夢気分SP(2009年2月11日、テレビ東京)
黄金の豚-会計検査庁 特別調査課- 第7話(2010年12月1日、日本テレビ)

舞台
シェルブールの雨傘
タヌキ
西太后
アンネの日記
西遊記
阿修羅城の瞳
FAME
42nd Street
阿修羅のごとく
西遊記
ラ・カージュ オ・フォール
ワンステップ トゥ ミュージカル
大江戸ロケット
大阪から来た女
ゴブリンマーケット
佐々木小次郎
弥次喜多道中浪花双六
花の紅天狗
ラヴ・レターズ 300回記念公演
紙屋町さくらホテル
円生と志ん生
ミュージカル SEMPO -日本のシンドラー 杉原千畝物語-(2008年4月公演) - 杉原幸子 役
ミュージカルオペラ「龍馬」(2009年)おりょう役
薔薇とサムライ
ベルばらから次郎長へ 勢揃い、清水港 次郎長三國志 (2011年)

CM
タケ「麗姿・サボンゴールド」



OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



貴月 あゆむきづき あゆむ


元宝塚歌劇団花組の男役、ウォーキングインストラクター。
東京都、東京家政学院高校出身。
身長168cm
血液型はA型。
愛称は「みみ

略歴
1986年、74期生として宝塚音楽学校へ入学。
1988年、宝塚歌劇団に入団。花組『キス・ミー・ケイト』にて初舞台を踏み、後に花組に配属される。
同期生には、和央ようか(元星組トップスター)森奈みはる(元花組トップ娘役)
麻乃佳世(元月組トップ娘役)白城あやか(元星組トップ娘役)、渚あき(元星組トップ娘役)
汐風幸、初風緑などがいる。
2002年、『琥珀色の雨にぬれて』/『Cocktail -カクテル-』の東京公演千秋楽付けをもって、宝塚歌劇団を退団。
退団後は、ウォーキングインストラクターとして活動している。

宝塚時代の主な舞台
1990年9月、『秋…冬への前奏曲』新人公演:クラウス/『ザ・ショーケース』
1991年1月、『春の風を君に…』新人公演:燕青(本役:匠ひびき)/『ザ・フラッシュ』
1991年2月、『小さな花がひらいた』(バウ・東京特別)六
1992年2月、『白扇花集』/『スパルタカス』新人公演:ガザ(本役:宝樹芽里)
1992年4月、『小さな花がひらいた』六/『ジャンクション24』(全国ツアー)
1992年8月、『心の旅路』新人公演:デヴィッド(本役:紫吹淳)/『ファンシー・タッチ』
1993年2月、『メランコリック・ジゴロ』新人公演:ベルチェ(本役:磯野千尋)/『ラ・ノーバ』
1993年4月、『心の旅路』デヴィッド/『ファンシー・タッチ』(全国ツアー)
1993年8月、『ベイ・シティ・ブルース』新人公演:キング・ハーヴェイ(本役:磯野千尋)/『イッツ・ア・ラブストーリー』
1994年3月、『ブラック・ジャック 危険な賭け』新人公演:エンリケ将軍(本役:宝樹芽里)/『火の鳥』
1994年9月、『冬の嵐、ペテルブルグに死す』新人公演:ポール・トムスキー伯爵(本役:愛華みれ)/『ハイパー・ステージ!』
1995年1月、『哀しみのコルドバ』新人公演(東宝):アナトン・ナバロ(本役:海峡ひろき)[1]/『メガ・ヴィジョン -はてしなき幻想-』
1995年9月、『チャンピオン! -蘇る伝説-』(バウ・東京特別)アルベルト
1996年9月、『エデンの東』ホレス・クイーン/『ダンディズム!』(全国ツアー)
1996年12月、『RYOMA -硬派・坂本竜馬!Ⅱ-』(ドラマシティ)藤川平蔵
1997年2月、『失われた楽園 -ハリウッド・バビロン-』クリス/『サザンクロス・レビュー』
1997年4月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)司会者
1997年8月、『ザッツ・レビュー』和平
1997年10月、『白い朝』(バウ)松田権蔵
1998年5月、『SPEAKEASY -風の街の純情な悪党たち-』ハーバード/『スナイパー -恋の狙撃者-』
1998年7月、真矢みきコンサート『MIKI in BUDOKAN』
1999年6月、『ロミオとジュリエット 99』(バウ)ティボルト
1999年8月、『タンゴ・アルゼンチーノ』アンリ/『ザ・レビュー 99』
2000年4月、『源氏物語 あさきゆめみし』猪ノ吉/『ザ・ビューティーズ!』
2000年11月、『〜愛と孤独の果てに〜 ルードヴィヒⅡ世』ルッツ/『Asial Sunrise』
2001年4月、『源氏物語 あさきゆめみし』猪ノ吉/桐壺帝(2役)/『ザ・ビューティーズ!』(全国ツアー)
2002年3月、『琥珀色の雨にぬれて』セルジュ/『Cocktail -カクテル-』 *退団公演
2002年4月、『ダイヤモンド・アイズ』(ドラマシティ)


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。