宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


カテゴリ:◇宝塚歌劇団と私 の記事一覧
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


前回は、かなめさんこと涼風真世さんの作品で私の中での第二位「PUCK」のご紹介しました。
今回は、第一位です。これもかなり…悩みに悩み色々と出てきたのですが…
やっぱり原点となった作品第一位は「ベルサイユのばら~オスカル編」です。
私と宝塚歌劇団との出会いの作品でもありますし、かなめさんのオスカルは衝撃的でしたので、第一位です。
1989年から1990年にかけて花組雪組星組もそれぞれ、ベルサイユのばらを上演していました。かなめさんはオスカル役で特別出演されていましたね。それぐらい、かなめさんのオスカルは天下一品と言えるのでしょう。そして、1991年かなめさんの、お披露目作品としてベルサイユのばらが誕生したのです。
漫画からアニメを観た方には、是非一度宝塚歌劇団のベルサイユのばらを観て欲しいです。
動くオスカルアンドレは絶品です。何度か再演もされていますので、今度また再演される時には、必ず観に行きたいと思っています。

「わっかのドレス」も魅力がありますよね。実は、宝塚大劇場で観劇した後、私はこっそり…わっかのドレスをどうしても着たくてフォトスタジオに行ってしまいました一番の印象としまして…重いんです。あんなに軽やかに演技されるタカラジェンヌの皆さんは凄いです。体力が本当にないと体がもたないですよね。写真撮影で感じている私は…本当に情けないです。そういう思い出もありますが…
此処で、素晴らしいオスカルの歌声を映像でご覧ください。

ベルサイユのばら~オスカル編~」よりプロローグです。



いかがでしたでしょうか。オスカル様が素敵ですよね。実写でみるオスカルはかなめさんが一番だと今でも私は思っています。この主題歌「我が名はオスカル」カラオケでよく歌っていました。カラオケと言えば宝塚が唄える唯一の場所ですよね~。かなりの低音で上手には歌えません嗚呼。各組の実況のベルサイユのばらの音声ダウンロードもみつけました。ベルサイユのばら実況集です。我が名はオスカルも、もちろんあります。視聴もできました。
我が名はオスカルの音声ダウンロードはこちらからどうぞ
目覚ましのアラーム音にしてみようかなあと思っています。

「バラ・ベルサイユ」を大階段で唄うはねちゃんこと羽根知里さんが上手い&演技が上手い&美人さんです。娘役さんでヨシコちゃんこと麻乃佳世さんと同じようにはねちゃんが大好きなんです。当時娘2だと思います。ショーでは、ほとんどソロで唄っていましたよね。髪型もこっていて、編みこみやアクセサリーとか見入ってしまいます。

以上が、私が選ぶ作品ベスト1でした。

★娘役 羽根知里さん★さんの宝塚時代のアイテムをみつけました。赤と黒も素晴しかったですね。


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーサイト

前回に続いて、かなめさんこと涼風真世さん作品のお話をしたいと思います。
天使の微笑・悪魔の涙」が私の中で第三位でした。果たして第二位は
悩みました…悩みましたが…第二位「PUCK」です。
この作品は1992年の作品でこの頃の花月雪星どの組も素晴しいですよね~。小池修一郎先生の作品です。
PUCKシェークスピア作『夏の夜の夢』を現代におきかえて、妖精を演じるかなめさんが人を愛すること・環境問題をテーマにしたお芝居になっています。子供から大人まで楽しめるメルヘンなお話です。
そして、舞台音楽をユーミンこと松任谷由実さんが担当しており、心をキュンとするメロディがたくさん流れています。
ビデオで初めて観た時に「かなめさん本当に妖精になっている凄い。全く違和感がない」また、最後のシーンは涙を流さずにはいられないです。相手役の麻乃佳世さんことヨシコちゃんのハーミアも素晴しい。メルヘンコンビです。
ハーミアの母性を凄く感じましたし、二番手の天海祐希さんことゆりちゃんの元気一杯なボビー役は適役でしたね。
エピソードでは、PUCKで声を出してはいけないシーンがあります。声を出してしまったら、記憶は全て消されてただの人になってしまうからです。その時、かなめさんは退団を決意されたそうです。
声を出せない芝居の中で月組皆さんの姿を見ることができて感じとられたのでしょうね。その決意もかなめさんらしいなぁと思いました。
さて、ここでかなめさんの代表作「PUCK」より松任谷由実さんが作曲された妖精の歌声をご覧ください。

PUCK」よりミッドサマーイブです


上記の動画の楽曲ミッドサマーイブの音声ダウンロードもありました。
PUCKより「ミッドサマーイブ」の音声ダウンロードはこちら
透き通った伸びる声。オーバーオールが似合うかなめさん。ローラースケートを履いていたので、転ばないように内心ヒヤヒヤしました。小ネタですが、スチール写真で髪の毛がストレートのPUCKの写真もありましたよね。私の中での髪型はパーマかかっているイメージの方が強くと思いました。PUCKは心が満たされていく作品でしたね。本当に大好きです。何歳になっても一生見続けていくと思います。

次回は、第一位の作品のお話をしたいと思います。

★涼風真世★さん★麻乃佳世★さん★天海祐希★さんの宝塚時代のアイテムを見つけました。
掘り出し物を一緒に見つけましょう


OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


前回でもお話しました、私の大好きな元・男役だった涼風真世さん。
かなめさんの同期は、美人組と言われていたらしく、女優で大活躍中のショーコちゃんこと黒木瞳さんやミキさんこと真矢みきさん。そして、シギさんこと毬藻えりさんなど…有名な方々がたくさんいます。
皆さん、代表作がたくさんあります。今度じっくり紹介したいなと思っています。

かなめさんと言えば、歌が上手と声が上がりますよね。
本当にその通りだと思います。
ちょっとしたエピソードでは、かなめさんは腹式呼吸で呼吸する時に、本当に大きくふくらむみたいで、ズボンのウエストの部分がゴムになっていたと耳にした事があります。
私も声楽の勉強をしていたのですが、そういう経験をまったくした事がないので本当に憧れますね。

さて、今回は、私の大好きなかなめさんが出演されている作品でベスト3を紹介したいと思います。
正直たくさんあって難しいのですが、心を鬼にして選びました。

第三位「天使の微笑・悪魔の涙」です。
これは、ウタコさんこと剣幸さんがトップの時代の作品ですので、かなめさんは二番手時代ですね。
PUCkエリザベートなどの代表作を作り出した小池修一郎さんのデビュー作とも言われています。
デビューでこの実力。感無量です。
ファウストの話を基本に、ウィーンが舞台になっている作品です。かなめさんは悪魔の役だったのですがこれがまた、本当に悪魔にしかみえません。低音の声が響いて本当に綺麗で、歌声も悪魔らしくおそろしく響いていましたね。ビデオで何回も観ています。
此処で、素晴らしい悪魔の歌声を映像でご覧ください。

「天使の微笑・悪魔の涙」より悪魔の涙です。


いかがでしたか?悪魔は夜も眠れない~この歌いだしだけで、悪魔度100%ですよね。ゾクゾクしてきます。
ラストのシーンも大好きなのですが、映像で見たとき、かなめさんが涙をためていました。
命かけて演技している姿に鳥肌がたちました。そうなんです。かなめさんの作品は鳥肌がたつことが多かったと今になって思いました。

かなめさんの時代には、インターネットが普及していなかった為、ネット上で宝塚を見ることが出来るなんて夢にも思わなかったですね。CDやWOWOWで放送されるものを観るぐらいしか出来ませんでした。
今は色々なものが普及しているので簡単に手に入れること出来るようになりました。
かなめさんの時代にあれば…思いは複雑ですが宝塚の作品を音声でダウンロードできるみたいなんです
上記の動画でも紹介しました、悪魔の涙の音声バージョンです。着メロにもいいかもしれませんね。目覚まし音にもどうぞ
天使の微笑・悪魔の涙より「悪魔の涙」の音声ダウンロードはこちら
しかも1曲150円でした。視聴もできますしオススメです

次回は、第二位の作品のお話をしたいと思います。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。